Live 11のReWire

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 11
  • 対象となるOS:すべて

Live 11からReWireが使えなくなりました。 ReWireの開発元であるReason Studiosは、2020年にReWireのサポートを終了しています。

ReWireの代替案として、コンピュータ内のLiveと別のアプリケーションの間で音声の接続設定を行う一般的な方法が3種類あります。 アプリケーション間で音声の接続設定を行う方法については、こちらのページで確認することができます。

Linkは、同じネットワーク内にある複数のLink対応アプリケーションを同期する技術です。Live 9.6以降で利用することができます。

複数のアプリケーションを接続する方法として、仮想MIDIバス(複数のアプリケーションが同じコンピュータ内にある場合)や、仮想MIDIネットワーク(別のコンピュータと接続する場合)を利用することもできます。