Liveの起動が遅い/起動時にフリーズする

  • 対象となるLiveのバージョン: Live 8 ~ 10
  • 対象となるOS:すべて

Liveの起動には、通常、3~10秒の時間がかかります。 Liveの起動に時間がかかる場合や、まったく起動しない場合は、次の手順にそって操作を行ってください。

1. Liveをリセットする

Liveが起動時に停止する場合は、リセットを行ってください。 Liveをリセットすると、環境設定、プラグイン用フォルダのパス、テンプレートのLiveセットが削除されます。

2. 「Liveは応答していません」と表示される場合

「Liveは応答していません」と表示され、Liveが起動しない場合、接続している周辺機器の問題である可能性があります。

  1. コンピュータをシャットダウンします。
  2. USB、Firewire、Thunderboltに接続しているすべての周辺機器を取り外します(オーディオインターフェース、ハブ、外付けハートディスク、プリンターなど)。
  3. コンピュータを起動します。
  4. Liveを起動します。
  5. Liveが起動できた場合は、Liveを終了し、ひとつずつ周辺機器を接続するたびにLiveを起動します。

原因になっている周辺機器を特定したら、次のことを行ってください。

  1. 接続しているケーブルを変更します。 必ずフェライトビーズの付いている高品位ケーブルを使用します。
  2. ハブを使用している場合は、ハブを経由させずに周辺機器をコンピュータへ直接接続します。
  3. 周辺機器のドライバとファームウェアがアップデートされていることを確認します。
  4. 必要に応じて、ドライバを再インストールします。
  5. Liveが引き続き起動しない場合は、周辺機器の製造元のサポート窓口にお問い合わせください。

3. Liveの起動に時間がかかる場合

大容量のデータベース:ブラウザー内のセクション[場所]へ追加したフォルダに入っているファイルが非常に大きい場合、起動が遅くなることがあります。 ハードドライブ全体を[場所]へ追加するのではなく、数種類のフォルダを選んで追加してください

互換性のないMIDIドライバ(Mac):Live以外のソフトウェアで使用した古いMIDIドライバが原因になって、そのドライバの初期化中に、すべてのMIDIアプリケーションがフリーズすることがあります。