MIDIポート(MIDI Ports)の機能紹介

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

Liveの環境設定画面にあるMIDIポート(MIDI Ports)では、[トラック]、[同期]、[リモート]という欄にスイッチが並んでいます。

このスイッチを使うと、次の機能の一部が可能になります。

  1. MIDIキーボードを使ってLive内のMIDIデバイスを演奏する。
  2. MIDIノートをMIDIクリップに録音する。
  3. 外部MIDI機材のパラメータの変化をLiveに記録する。
  4. MIDIを使って機材やアプリケーションにLiveを同期させる
  5. Live内のパラメータにMIDIマッピングする。
  6. Liveのコントロールサーフェスを設定する。
  7. Pushやその他のコントローラでユーザーモードを有効にする。

【重要】必要なスイッチのみを有効にしてください。不要なスイッチを有効にすると、MIDI信号がループしてフィードバックする原因になります。

Liveの環境設定画面でタブ[Link/MIDI]を開きます。 次の画像で赤い線に囲まれているセクション“MIDI Ports”では、利用可能なMIDI入出力ポートを確認できます。[トラック](Track)、[同期](Sync)、[リモート](Remote)の欄には、各ポートに対応するスイッチが表示されます。

Screenshot_2019-04-12_at_16.44.41.png

トラック

[トラック]の欄のスイッチを有効にすると、MIDIノートやMIDI CCメッセージ(MIDIコントロールチェンジメッセージ)の送受信を行えます。

Input”と表示されているMIDIポートでトラックのスイッチを有効にすると、次のことが可能になります。

  • MIDIキーボードを使ってLive内のインストゥルメントやプラグインを演奏する。
  • MIDIノートをMIDIクリップに録音する。
  • MIDI CCメッセージをMIDIクリップへ録音する(例:外部ハードウェア・シンセサイザーのパラメータ操作を記録する場合)。

【注意】アレンジメントビューやセッションビューのトラックでモニター設定を[In]または[Auto]にして、アームを有効にする必要があります。

Output”と表示されているMIDIポートでトラックのスイッチを有効にすると、次のことが可能になります。

  • 外部ハードウェア(シンセサイザーやドラムマシンなど)を鳴らす。
  • MIDIノートを別のアプリケーションに送信する(仮想MIDIバスを使用)。
  • MIDI CCメッセージのオートメーションを外部機材や別のアプリケーションに送信する。

外部ハードウェアの使用方法については、こちらのページを確認してください。

【注意】 外部ハードウェアに音声を生成する機能が内蔵されていない場合(MIDIコントローラなど)、“Output”と表示されているMIDIポートでトラックのスイッチを有効にする必要はありません。

同期

[同期]の欄のスイッチを有効にすると、MIDIクロックの送受信やMIDIタイムコードの受信をLiveで行えるようになります。

Input”と表示されているMIDIポートで同期のスイッチを有効にすると、次のことが可能になります。

  • シーケンサー、ドラムマシン、グルーヴボックスなどの外部ハードウェアにLiveを同期させる。
  • MIDIを使って別のDAWにLiveを同期させる。

[▶]をクリックすると、MIDIクロックのタイミング調整や、MIDIクロックとMIDIタイムコードの切り替えを行うメニューが表示されます。

 Screenshot_2019-04-12_at_17.11.16.png

Output”と表示されているMIDIポートで同期のスイッチを有効にすると、次のことが可能になります。

  • MIDIクロックを使って、シーケンサー、ドラムマシン、グルーヴボックスなどの外部ハードウェアをLiveに同期させる。
  • MIDIクロックを使って別のDAWをLiveに同期させる。
  • 外部シンセサイザーやMIDIコントローラの内蔵されているLFOやアルペジエーターをLiveに同期させる。

MIDIでLiveを同期する方法については、こちらのページを確認してください。

【注意】 外部ハードウェアにシーケンサーやアルペジエーターが内蔵されていない場合、“Output”と表示されているMIDIポートで同期のスイッチを有効にする必要はありません。

リモート

[リモート]の欄のスイッチを有効にすると、MIDIコントローラからLive内のパラメータにマッピングしたり、MIDIコントローラにフィードバック信号を送信したりすることができるようになります。

Input”と表示されているMIDIポートでリモートのスイッチを有効にすると、次のことが可能になります。

  • MIDIマッピングを設定して、Live内のパラメータを操作する。
  • MIDIキーボードを使ってMIDIクリップを再生する。

Output”と表示されているMIDIポートでリモートのスイッチを有効にすると、次のことが可能になります。

  • マッピングされたLiveのパラメータの状態に応じて、MIDIコントローラのLEDを変化させる。
  • マッピングされたLiveのパラメータの状態に応じて、MIDIコントローラのムービングフェーダー(モーター付きのフェーダー)を動かす。

MIDIマッピングの設定方法については、こちらのページを確認してください。