アップグレードに関するよくあるご質問

無料でアップグレードできますか?

新しいメジャーバージョンへのアップグレード(例:Live 9からLive 10へのアップグレード)や、エディション間のアップグレード(例:IntroからStandardやSuiteへのアップグレード)は、有料になります。 新しいマイナーバージョンへのアップグレード(例:Live 10.0.6からLive 10.1へのアップグレード)は、無料で行うことができます。

割引価格でアップグレードできますか?

すでにLiveのライセンスをお持ちの方は、自動的に割引されたアップグレード価格を利用することができます。 Abletonのショップページでは、お使いのアカウントに登録されたLiveのライセンスにもとづいて、個別のアップグレードオプションが算出されます。

Liveのライセンスはどうやってアップグレードできますか?

アップグレードを行うには、 Abletonでお使いのアカウントへログインしてショップページに移動します。

ショップページには、現在お持ちのライセンスで利用可能なアップグレードしか表示されませんのでご注意ください。
【例】Live Liteのライセンスをお持ちの場合、StandardやSuiteのみにアップグレードすることができます。Introへのアップグレードは表示されません。

自分のシリアルナンバーが見つかりません。どうやってアップグレードすればいいですか?

LiveのシリアルナンバーがAbletonのウェブサイトに登録されていれば、ショップページで割引されたアップグレード価格を利用することができます。 登録していないシリアルナンバーが見つからない場合は、こちらのページを確認してください。

アップグレードで学生/教職員向けの割引を受けられますか?

アップグレードで学生/教職員向けの割引を併用することはできません。ただし、アカデミック版ライセンスをアップグレードするときにも、同様のアップグレード価格が適用されます。

Pushにはアップグレード価格がありますか?

アップグレード価格は、Liveのみに適用されます。

Max for Liveのライセンスは、Liveをアップグレードしても有効ですか?

はい。Live 9 Standardと一緒にMax for Liveをお持ちで、Live 10 Standardへアップグレードする場合、お持ちのMax for Liveのシリアルナンバーを引き続きLive 10 Standardでも使用できます。 お持ちのMax for Liveのライセンスを有効にするには、Liveをふたたびオーソライズする必要があります

追加購入したインストゥルメントやPackは、Liveをアップグレードしても動作しますか?

はい。インストゥルメントやPackなどの追加機能はすべて、アップグレード後のLiveで動作します。

追加購入したインストゥルメントを利用するには、Liveをふたたびオーソライズする必要があります。

以前のバージョンのLiveで使用していたPackについては、こちらのページの案内にそって使用することができます。

アップグレードするには、以前のバージョンのLiveをインストールする必要がありますか?

いいえ。Abletonでお使いのアカウントから最新バージョンのLiveのインストーラーをダウンロードすることができます。

アップグレードしたので、旧バージョンのライセンスを誰かに譲渡できますか?

Liveをアップグレードしても、古いバージョンのライセンスを譲渡することはできません。譲渡する場合は、すべてのアップグレードを含む全体のライセンスを譲渡することになります。

追加機能のライセンスを所有しているユーザーがSuiteにアップグレードした場合、その追加機能のライセンスはSuiteに吸収され、個別に譲渡することができなくなります。

Abletonのパートナーによるインストゥルメントやサードパーティー製の音源など、Suiteに付属しない追加機能は、個別に譲渡することができます。