LiveでMIDIコントローラを使用する

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

MIDIコントローラとは、MIDIノートやMIDI CCメッセージを送信できるMIDI対応ハードウェアのことです。MIDIコントローラには、鍵盤、ノブ、ボタン、ダイヤル、スライダーなどの操作子が備わっています。

こちらの画像は、Novation Launchkey MINIです。 小型の鍵盤、ボタン、ダイヤルが備わっていて、いずれもLiveを操作するために使うことができます。

Launchkey.jpg

MIDIコントローラをコンピュータに接続するにはどうすればいいですか?

お使いのMIDIコントローラにUSB端子が備わっている場合は、USBケーブルでコンピュータに接続することができます。 MIDIコントローラの中にはクラスコンプライアントと呼ばれるものがあり、その場合は、専用ドライバを用意する必要がありません。 クラスコンプライアントではない場合は、製造元のウェブサイトからUSBドライバをインストールしてください。

お使いのMIDIコントローラにMIDI端子のみが搭載されている場合は、MIDIケーブルを使う必要があります。 MIDIケーブルを、MIDIコントローラのMIDI出力端子からMIDIインターフェースのMIDI入力端子に接続してください。多くのオーディオインターフェースもMIDI端子を備えています。

MIDIコントローラをLiveで使えるようにするにはどうすればいいですか?

MIDIコントローラをLiveで設定する方法は、ふたつ考えられます。

1. コントロールサーフェスを使う(利用可能な場合)

Liveと対応しているコントロールサーフェスがお持ちのMIDIコントローラにある場合は、Liveを起動すると、そのコントロールサーフェスが自動的に有効になります。 コントロールサーフェスとは、特定のMIDIコントローラでLiveを操作できるようにするために記述された特別なスクリプトのことです。

こちらのページでは、コントロールサーフェスの設定方法を確認することができます。

2. MIDIマッピングを自分で設定する

対応するコントロールサーフェスがない場合は、Liveで独自にMIDIマッピングする方法があります。 Liveの環境設定画面のタブ[Link / MIDI]を開き、MIDIコントローラを接続したMIDI入力ポート(Input)の[トラック]と[リモート]を有効にして、MIDI出力ポート(Output)の[リモート]を有効にしてください。

こちらのページでは、MIDIマッピングの設定方法を確認することができます。

MIDIコントローラを使ってLiveのMIDI音源を演奏するにはどうすればいいですか?

Liveのインストゥルメントを読み込んだMIDIトラックで入力/出力セクションを開き、[MIDI From]が“All Ins”に設定されていることを確認してください。もしくは、MIDIコントローラを接続したMIDIポートに設定してください。次に[Monitor]を[In]か[Auto]に設定して、同じMIDIトラックのアームを有効にします。 お使いのMIDIコントローラに鍵盤が備わっている場合は、鍵盤を弾くとインストゥルメントの音が鳴ります。

Screenshot_2020-02-10_at_17.20.07.png

ハードウェアシンセサイザーをMIDIコントローラとして使用できますか?

MIDI出力端子が備わっていて、MIDIノートやMIDI CCメッセージを送信するハードウェアシンセサイザーであれば、MIDIコントローラとして使用することができます。 こちらのページの手順8では、Liveでハードウェアシンセサイザーを使用する方法を確認することができます。