[すべてを集めて保存]の使用方法

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

[Liveセットを保存]や[Liveセットを別名で保存]でLiveセットを保存すると、そのLiveセットで使われているファイル(オーディオファイルなど)の参照情報のみが保存されます。 このLiveセットを別のコンピュータやユーザーに転送する場合は、[すべてを集めて保存]でLiveセットを保存することを推奨しています。

[すべてを集めて保存]では、プロジェクトフォルダ内の下層フォルダに次のものがコピーされます。

  1. Liveセットで使われているオーディオファイルはすべて次のフォルダにコピーされます。
    Samples → Imported
  2. Liveセットで使われているビデオファイルはすべて次のフォルダにコピーされます。
    Samples → Collected
  3. Liveセットで使われているMax for Liveデバイスはすべて次のフォルダにコピーされます。
    Presets

【注意】プラグインをプロジェクトフォルダにコピーすることはできません。 プラグインはコンピュータごとにインストールする必要があります。

[すべてを集めて保存]でLiveセットを保存する方法

手順1

Liveセットを専用のプロジェクトフォルダに保存していることを確認します。

手順2

メニュー[ファイル]で[すべてを集めて保存](Collect All and Save)をクリックします。

Screen_Shot_2017-03-17_at_11.14.23.png

この操作は、Liveのファイルマネージャから行うこともできます。

次の順に移動します。
[ファイル]→[ファイルの管理]→[プロジェクトの管理]→[外部ファイル]→[プロジェクトに集める](Collect Into Project)

Screen_Shot_2018-01-23_at_13.05.48.png

手順3

コピーするファイルを指定して、[OK]をクリックします。

Screen_Shot_2018-01-23_at_13.06.58.png

手順4

プロジェクトを移動/転送するには、すべての下層フォルダとファイルを含むプロジェクトフォルダ全体をコピーします。

次の画像では、“Test Project”という名前のプロジェクトフォルダにすべての下層フォルダが入っています。

Screen_Shot_2017-03-17_at_11.43.03.png

Liveセットの転送に関する推奨事項については、こちらのページで確認することができます。

Liveのリファレンスマニュアルでも、[すべてを集めて保存]に関する詳細を説明する章を設けています。