メトロノームの音を別の出力に接続する

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

サウンドカードやオーディオインターフェースに複数の出力が備わっている場合、Liveのマスタートラックで[Cue Out]を設定して、メトロノームの出力先を変更することができます。 この接続設定は、メトロノームの音を個別に聞きながら演奏したいときに便利です。

まず、Liveの環境設定のタブ[Audio]を開き、別の出力を有効にします。 Live 10では、出力先の名前を変更することができます。

Cue_out.png

次に、マスタートラックの入出力セクションを開き、[Cue Out]を別の出力に設定します。

Cue_out_2.png