仮想MIDIネットワークを設定する

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

仮想MIDIネットワークを設定して、MIDIノート、MIDIコントロールチェンジ、MIDIクロックといったMIDI情報を1台のコンピュータから別のコンピュータ(または機材)へ送信することができます。

【注意】複数のコンピュータでLive(もしくはLink対応アプリ)を同期する場合は、Linkの利用を推奨しています。

Macの場合

Macのコンピュータには、仮想MIDIネットワークが搭載されています。

1. この機能を有効にするには、ユーティリティフォルダ内にあるAudio MIDI設定を開き、メニュー[ウインドウ]から“MIDIスタジオを表示”を選択します。

Screen_Shot_2018-01-19_at_17.27.11.png

2. [ネットワーク]を2回クリックして、MIDIネットワーク設定のパネルを開きます。

Screen_Shot_2018-01-19_at_17.28.46.png

3. MIDIネットワーク設定で、セッションを作成します。作成したセッションは、同じネットワーク内にあるコンピュータや機器に表示されるようになります。 セッションを作成するには、MIDIネットワーク設定の[セッション]の欄にある[+]をクリックして、[ローカル名]と[Bonjour名]の欄に任意の名前を入力します。 [Bonjour名]の欄に入力した名前が、別のコンピュータに表示されるようになります。

4. チェックボックス[有効]にチェックを入れると、そのセッションの仮想MIDIネットワークが有効になります。

Screen_Shot_2018-01-19_at_17.35.57.png

5. 仮想MIDIネットワークを有効にすると、Liveの環境設定画面のタブ[Link Tempo MIDI]にある[MIDI Ports]の欄に、MIDIネットワークポートが表示されます。 これにより、ネットワーク経由でMIDIノート、MIDIコントロールチェンジ、MIDIクロックといったMIDI情報を送受信できます。 LiveでMIDIポートを設定する方法については、こちらのページで確認することができます。

Screen_Shot_2018-01-19_at_17.36.46.png

6. 同じ操作を2台目のMacで行います。 2台目のMacでも上記の手順でセッションを作成し、MIDIネットワーク設定内のドロップダウンメニュー[接続を許可するコンピュータ]で“すべてのコンピュータを許可する”を選択します。

Screen_Shot_2018-01-19_at_17.35.57.png

7. 2台のコンピュータのどちらかでMIDIネットワーク設定を開き、ディレクトリ内にある接続先のセッションを選択して、[接続]をクリックします。

Screen_Shot_2018-01-19_at_17.37.28.png

8. ここまでの操作により、2台のコンピュータ間でMIDI情報の送受信が可能になります。

Windowsの場合

Windowsのコンピュータに仮想MIDIネットワークは搭載されていませんが、Tobias Erichsenの提供する便利な無料のユーティリティを使うと、ネットワーク経由でMIDIを使用することができます。

同ユーティリティは、Bonjourと互換性があるので、ネットワーク上にあるMacとWindowsのどちらにも接続することができます。

仮想MIDIバスをLiveで使用する

同じコンピュータ内の複数の異なるアプリケーション間でMIDI情報を送受信する場合は、代わりに仮想MIDIバスを使うことができます。 仮想MIDIバスをLiveで使用する方法については、こちらのページで確認することができます。