コントロールサーフェスを独自に作成する

  • 対象となるLiveのバージョン: Live 6以降
  • 対象となるOS:すべて

全てのMIDIコントローラにLiveのネイティブコントロールサーフェスがあるわけではないため、UserConfiguration.txtを使用して独自のコントロールサーフェスを作成できます。 これにより、デバイスコントロール、トラックコントロール、およびトランスポートコントロールなどの基本機能の設定ができます。

UserConfiguration.txtファイルと使用方法はLiveのPreferencesフォルダに保存されているUser Remote Scriptsフォルダから見つけられます。

  • Mac: HD:/Users/[Username]/ライブラリ/[環境設定]/Ableton/Live x.x.x/User Remote Scripts
  • Windows: C:\Users\[Username]\AppData\Roaming\Ableton\Live x.x.x\[環境設定]\User Remote Scripts

【注意】初期設定では、これらのフォルダは表示されません。 隠しフォルダにアクセスする方法については、こちらを確認してください。

ユーザーリモートスクリプトフォルダ

  1. User Remote Scriptsフォルダには、InstantMappings-HowTo.txtファイルとUserConfiguration.txtファイルの2つのファイルがあります。
  2. InstantMappings-HowTo.txtファイルは、ファイルの保存方法と、保存場所についての説明しているファイルです。
  3. UserConfiguration.txtファイルは、お使いのMIDIコントローラで動作するた目の、ファイルの編集方法の説明が含まれています。  
  4. お使いのコントローラの、データ送信のMIDIチャンネルと、コントローラ上の様々なパッド、ノブ、スライダーの特定のMIDI CCの割り当てをまず確認してください。
  5. 割り当てを見つける簡単な方法の1つは、LiveでMIDIリモートコントロールの割り当てを行い、対応するCC値を書き留めておくことです。 または、Snoize MIDI Monitor for Mac、もしくはOBDS MIDI Monitor for PCを使用することもできます。

【注意】UserConfiguration.txtの編集のサポートは対応しておらず、全てのMIIDコントローラで作動することを保証することはできません。

参考記事