VST/AUプラグインがLiveに表示されない

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 10
  • 対象となるOS:すべて

プラグインを正しくインストールする方法を次のページで確認してください。

インストールしたプラグインがLiveに表示されない場合は、次の手順にそって操作を行ってください。

1. 正しい場所にプラグインが保存されていることを確認する

LiveのWindows版が対応しているプラグインは、VST2とVST3です。Mac版が対応しているプラグインは、VST2、VST3、AUです。この種類に応じて、お使いのプラグインが適切なフォルダにインストールされていることを確認します。

  • Liveの環境設定画面でタブ[Plug-ins]を開きます。
  • プラグインのフォルダの場所を確認します。
  • プラグインの種類に応じて、そのプラグインが適切なフォルダにインストールされていることを確認します。
  • VST2やVST3のプラグインを使用している場合、対応するフォルダを有効にします(VST2プラグインカスタムフォルダ、VST3プラグインシステムフォルダ、VST3プラグインカスタムフォルダ)。
  • AUプラグインを使用している場合、[Audio Unitsを使用する]を有効にします (Macのみ)。

Windows

1.png

Mac

2.png

2. プラグインフォルダを一度無効にしてから有効にする

プラグインが正しいフォルダにインストールされていることと、Liveの環境設定画面のタブ[Plug-ins]でそのフォルダが有効になっていることを確認したら、一度、そのフォルダを無効にしてから、再度、有効にします。

プラグインのスキャンが完了するまで待ってから、ブラウザーにプラグインが表示されているか確認してください。 もしくは、インストールしたすべてのプラグインの再スキャンを行うこともできます。[Option]キー(Mac)/[Alt]キー(Windows)を押したまま[プラグインを再スキャン]をクリックしてください。

3. インストール済みのプラグインが適切なビット版(32ビット/64ビット)であることを確認する

  • Live 10で利用できるのは、64ビット版のみです。32ビット版プラグインはLive 10のブラウザーに表示されません。
  • 32ビット版のLive 9を使用している場合、64ビット版プラグインはLiveのブラウザーに表示されません。最新のプラグインには、64ビット版でしか利用できないものがあります(バージョン5.1のKontaktなど)。

4. OSがプラグインに対応していることを確認する

  • OSの製造元のウェブサイトで、互換性を確認します。

5. Liveがプラグインに対応していることを確認する

  • Liveが対応しているプラグインは、VST2、VST3、およびAUのみです。
  • プラグインの中には、Liveに対応していないものがあります。製造元のウェブサイトで互換性に関する情報を確認してください。

6. Liveをアップデートする

  • VST3プラグインを利用できるのは、Live 10.1以降のバージョンです。最新のLiveにアップデートして、VST3プラグインを利用してください。

7. プラグインをアップデートする

プラグインの製造元のウェブサイトで、最新バージョンのプラグインをインストールしていることと、お使いのOSに対応していることを確認してください。 Windowsを使用している場合は、Visual C++ 2010 SP1をインストール済みであることを確認してください。Visual C++ 2010 SP1で開発された64ビット用アプリケーションを動作させるのに必要です。

8. Wavesのプラグインが正しくインストールされていることを確認する

初期設定のプラグインフォルダには“WaveShell”という特別なファイルがインストールされています。VSTプラグインカスタムフォルダを使っている場合は、WaveShellファイルを探してVSTプラグインカスタムフォルダへ移動する必要があります。 VSTプラグインカスタムフォルダでWavesのプラグインを使用する方法については、こちらのページで確認することができます。

9. スタンドアロン版/VSTプラグインをインストール後に移動しない(Windows)

  • スタンドアロン版を移動したり、名前の変更やアンインストールを行ったりすると、同製品のVSTプラグインが動作しなくなることがあります。
  • 常にVSTプラグインを正しいフォルダへ直接インストールして、インストール後にDLLファイルを移動することは控えてください。

10. 管理者権限を使用する(Windows)

特定のプラグインでは、Liveの起動に管理者権限を求められます。 例として挙げられるのは、ToontrackのEZDrummerのように、プラグインからLiveへMIDIクリップをドラッグできるようにするプラグインです。

こちらのページの手順にそって、管理者としてLiveを実行してください。