Rosettaを介してLiveを使用する

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 11.1以降
  • 対象となるOS:Mac

Appleシリコンを搭載したMacで使用するVST2/VST3プラグインが、Appleシリコン向けにアップデートもコンパイルもされていない場合は、Rosetta 2を介してLive 11.1をIntelビルドのアプリケーションとして強制的に実行させる手段があります。その手順は次のとおりです。

【注意】すべてのプラグインがAppleシリコン向けにアップデートされている場合は、この操作を行う必要はありません。  不明な場合は、各プラグインの製造元から提供されている、AppleシリコンとmacOSの互換性情報を確認してください。

  1. フォルダ“アプリケーション”内でLive 11を探して選択します。
  2. [Cmd + I]キーを押します(もしくは、右クリックするか、メニュー[ファイル]をクリックして、[情報を見る]を選択します)。 
  3. 情報ウィンドウが開いたら、[Rosettaを使用して開く]を有効にします。
  4. 情報ウィンドウを閉じ、Liveを再起動します。

Live_11.1_info.png