ステムのインポートとエクスポート

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

ステム”とは、独立したオーディオファイルを指します(もしくは、混ざり合った複数のオーディオファイルがまとめられた集まりを指します)。 たとえばロックの楽曲は、ボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラムの5つの独立したステムに分けることができます。 各トラックを個別のオーディオファイルとして書き出す場合(たとえば、ドラムの各音をオーディオファイルとして書き出す場合)、書き出されたオーディオファイルは“パート”とも呼ばれます。 楽曲をリミックスしたり、ミキシングエンジニアに楽曲をミックスしてもらったりするときは、ステム(パート)を作成して作業することが一般的です。

【注意】このページでの“ステム”は、Native InstrumentsのフォーマットであるStemsとは意味が異なります。StemsのフォーマットはLiveに対応していません。

ステム(パート)のインポート

アーティストからリミックス用にステム(パート)を受け取った場合。

1. Liveの“環境設定”ウィンドウを開き、[Record / Warp / Launch]タブへ移動します。

2. [ロングサンプルの自動ワープ]を“オフ”にします。 この操作により、スタートマーカーがオーディオファイルの開始地点へ正しく配置されるほか(オーディオファイルの冒頭に無音が含まれていても、スタートマーカーがオーディオファイルの開始地点へ配置されます)、ワープや音声劣化が発生しなくなります。 [クリップ端にフェードを作成]を“オフ”にします。“オン”にしていると、クリップに鋭いアタック部分が含まれている場合(キックなど)、 1拍目のアタック部分の音量がわずかに小さくなります。

1.png

3. オーディオファイルをLiveへドラッグします。ドラッグ操作は、Liveのブラウザーから行うか、Finder(Mac)/エクスプローラー(Windows)から行います。 複数のオーディオファイルを選択して[Cmd]キー(Mac)/[Ctrl]キー(Windows)を押したままLiveへドラッグすると、別々のトラックにオーディオファイルがインポートされます。

4. Live内でテンポを設定して、オーディオファイルのテンポと同じにします。 オーディオファイルを提供した人にテンポをたずねるか、リズムを含むトラックをワープしてテンポを調べます。

5. Live内でテンポを変更する場合、変更後のテンポに合わせてオーディオファイルをワープする必要があります。

ステム(パート)のエクスポート

例:ステム(パート)をミキシングエンジニアへ送って楽曲を本格的にミックスダウンしてもらう場合。

1. 楽曲全体を選択して、“オーディオ/ビデオをエクスポート”ウィンドウを開きます([Cmd + Shift + R]キー(Mac)/[Ctrl + Shift + R]キー(Windows)を押すと開きます)。

2.png

2. [書き出されるトラック]を“個別のトラックすべて”に設定します。

3. [書き出しスタート]と[書き出される長さ]を必ず楽曲全体の長さに合わせて設定します。(楽曲の最初から最後までに設定します。楽曲に含まれる個別のトラックの開始地点と終了地点ではありません)。

4. [ループとして書き出す]、[モノに変換]、[ノーマライズ]をそれぞれ“オフ”に設定します。

5. ミックスエンジニアもLiveを使用している場合、[分析ファイルを作成]を“オン”にすれば、エクスポートされたファイルをミックスエンジニアがインポートしたときに、すべての設定が同じに保たれます。 ミックスエンジニアがLiveを使用していない場合、分析ファイルを作成する必要はありません。

6. [サンプルレート]を“48,000”以上に設定します(すでに“48,000”より高いサンプルレートで録音を行っている場合は、そのサンプルレートに設定します)。

7. [PCMをエンコード]を“オン”に設定し、[ファイルタイプ]を“WAV”か“AIFF”に設定します。

8. 音声のディザリングが2倍になることを防ぐために、[ビットデプス]を“32”に設定してエクスポートを行うことを推奨しています。 同様に、ミックスエンジニアもエクスポートされたファイルを扱うときはディザリングに注意するようにします。 詳細については、オーディオファクトシートを確認してください。

9. [エクスポート]をクリックして全トラックを個別にエクスポートします。

【注意】グループトラック(グループ化されたトラック)の書き出しはグループ単位で行われ、グループトラックのエフェクトがそのまま適用されます。グループ内に含まれる個別のトラックもエクスポートされますが、こちらにはグループトラックのエフェクトは適用されません。 リターントラックのエフェクトやグループトラックのエフェクトを使って元のクリップのトラックと組み合わせてエクスポートしたい場合、追加の手順が必要になります。

エクスポートするトラックにリターンエフェクト/マスターエフェクトを適用(Live 10.1以降のみ)

“オーディオ/ビデオをエクスポート”ウィンドウで[リターン/マスターエフェクトを含む]を“オン”にします。 これにより、リターンエフェクトとマスターエフェクトを含めて、個別のステムすべてを一度にエクスポートできます。

3.png

Live 9の場合

  • リターントラックやグループトラックの処理が適用されているトラックをソロにします。
  • [オプション]メニューで[ソロ・イン・プレイス]が有効になっていることを確認して、リターントラックやグループトラックのエフェクトが聞こえるようにします。
  • オーディオ/ビデオをエクスポート”ウィンドウを開いて[書き出されるトラック]を“Master”に設定します。
  • 上述の手順2~9を行います。
  • リターントラックやグループトラックの処理が適用されている各トラックで同じ操作を行います。毎回、必ずトラックをソロにして操作を行ってください。