Liveのデータベースをリセットする

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

Liveのデータベースをリセットすると、多くの問題を解決できることがあります。解決できる問題には、次のようなものがあります。

  • Liveのブラウザーで見つけられないコンテンツがある(オーディオエフェクト、インストゥルメントなど)。
  • エラーメッセージ「ファイルデータベースにアクセスできません。Database Error: Disk I/O error」が表示される。
  • エラーメッセージ「データベースのディスクイメージが不正な形式です」が表示される。
  • エラーメッセージ「データベースエラー: そのようなrowidはありません」が表示される。
  • エラーメッセージ「データベースエラー: Liveは、ブラウザーが正しく機能しない内部エラーを検出しました。 修復するためにはLiveを再起動してください」が表示される。
  • エラーメッセージ「データベースエラー: SQL論理エラーまたはデータベースがありません」が表示される。

Liveのデータベースをリセットする方法:

  1. Liveを終了します。
  2. 現在お使いのバージョンのLiveで用いられるフォルダ“Database”に移動します。フォルダ“Database”は次の場所にあります(いずれも隠しフォルダになっています。隠しフォルダにアクセスする方法については、こちらのページで確認することができます)。

Live 11とLive 10

  • Windowsの場合:\Users\[username]\AppData\Local\Ableton\Live Database\
  • Macの場合:/Users/[username]/Library/Application Support/Ableton/Live Database/

Live 9

  • Windowsの場合:\Users\[username]\AppData\Roaming\Ableton\Live 9.x.x\Database\
  • Macの場合:/Users/[username]/Library/Application Support/Ableton/Live 9.x.x/Database/
  1. フォルダ内にあるものを削除し、フォルダ自体はそのままにしておきます。
  2. Liveを再起動します。

この手順を行うと、Liveはブラウザーに含まれる全コンテンツの索引を作りなおします。 索引処理が進むにつれて、Liveのブラウザーに含まれるコンテンツが、該当するカテゴリに表示されていきます。 この処理では、Liveのブラウザーの[コレクション]に保存していたコンテンツも対象になります。