ハードウェアコードについて

ハードウェアコードは、お使いのコンピュータのID番号です。Liveの操作画面で確認できます。Liveをオフラインでオーソライズするときにハードウェアコードを使用します。

ハードウェアコードとLiveのシリアルナンバーは非常に似ています。混同しないようにご注意ください。

ハードウェアコードを確認するには、Liveのオーソライズ中に[インターネット接続なし]をクリックします。

offline_auth_1.png

ハードウェアコードと操作手順をテキストファイルとして保存し、オーソライズの準備が整ったら、“オフラインでオーソライズ”ページでハードウェアコードを入力欄に入力します。

offline.png

Liveの[環境設定]の[License / Maintenance]タブでも、ハードウェアコードを確認できます。

authpref2.png

ハードウェアコードをメモするか、テキストファイルとして保存し、Abletonでお使いのアカウントにログインして“オフラインでオーソライズ”ページでハードウェアコードを入力欄に入力します。

offline_auth_page2.JPG

[ダウンロード]をクリックすると、インターネットブラウザーによって“auz”ファイルが“ダウンロード”フォルダへ保存されます。

auzファイルをダブルクリックすると、Liveのオーソライズが行われます。Liveの操作画面上へauzファイルをドラッグしても、Liveのオーソライズが行われます。

インターネット接続なしのコンピュータをオーソライズするには、auzファイルをUSBメモリに保存して、そのUSBメモリをオーソライズを行うコンピュータに接続します。接続後、USBメモリ内のauzファイルをダブルクリックしてオーソライズを行います。

前バージョンのLiveでは、ハードウェアコードは“チャレンジコード”と呼ばれ、いまよりも短いコード使用していました。ハードウェアコードの代わりにチャレンジコードを入力してオフラインでオーソライズを行うことも引き続き可能です。

オフラインでLiveをオーソライズする方法の全容については、こちらのページで確認できます。