バックアップ用のLiveセット

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 10以降
  • 対象となるOS:すべて

Live では、Liveセットを保存するとプロジェクトフォルダ内へフォルダ“Backup”が自動的に作成されます。

このフォルダには、直近のLiveセットがバックアップファイルとして10バージョンまで保存されます。 バックアップファイルは、Liveのブラウザーから利用することができます。もしくは、お使いのコンピュータのハードドライブから直接プロジェクトフォルダに移動してフォルダ“Backup”を開いてください。

Liveのブラウザー

Screen_Shot_2018-03-26_at_15.07.27.png

Macの場合

Screen_Shot_2018-03-09_at_14.27.12.png

Windowsの場合

live10backupwin.jpg

バックアップファイルは、Liveセットを誤って上書きしてしまった場合や、意識して保存していなかった以前のLiveセットを利用したい場合に便利です。

【注意】バックアップファイルの数が10を超えると、もっとも古いバックアップファイルが自動的に削除されます。 削除されたバックアップファイルは、ごみ箱に移動します。 バックアップファイルを識別するには、ファイル名の日時を参照します。

Screen_Shot_2018-03-26_at_15.17.59.png