MIDIマッピングを自分で設定する

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

MIDIマッピングを自分で設定すると便利なのは、次のような状況です。

  • お使いのMIDIコントローラにコントロールサーフェスが付属していない。
  • お使いのMIDIコントローラにコントロールサーフェスが付属しているが、設定の一部を変更したい。
  • お使いのコントローラに、MIDIマッピングを自分で設定して保存できるユーザーモードがある。

まず、Liveの環境設定画面のタブ[Link/MIDI]でMIDIポートの設定を行います。 [MIDI Ports]の欄に“Input”と書かれたポートで、[トラック]と[リモート]のスイッチを“オン”にします。これにより、MIDIデータの受信とマッピングが可能になります。“Output”と書かれたポートで、[リモート]のスイッチをオンにすると、MIDIコントローラで視覚的な応答が可能になります。 正確な設定方法は、お使いのMIDI機器によって異なります。 LiveのMIDIポートに関する詳細については、こちらのページを確認してください。

MIDIマッピングを自分で設定する方法

  1. 画面右上にある[MIDI]をクリックして、MIDIマップモードを有効にします。Macの場合は[Cmd + M]キー、Windowsの場合は[Ctrl + M]キーでMIDIマップモードの有効/無効を切り替えられます。
    Screen_Shot_2017-12-14_at_11.30.19.png
  2. マッピングしたいパラメータやスイッチなどを選びます (例:ボリュームフェーダー)。
  3. お使いのMIDIコントローラのノブやスライダーなどを動かします。
  4. これでマッピングが完了します。
  5. マッピングしたい残りのパラメータやスイッチでも同じ操作を行います。
  6. MIDIマップモードを無効にします。

MIDIマッピングに関する詳しい概要については、Liveのリファレンスマニュアルで“MIDIとキーのリモートコントロール”を確認してください。

ポイント】MIDIマッピングを設定したLiveセットをデフォルトのテンプレートセットとして保存することができます。

参考記事