サードパーティー製プラグインにサイドチェインを適用する

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

Live 10.1以降でサードパーティー製プラグインにサイドチェインを適用する方法

新しいサイドチェイン設定パネルを使って、プラグインのサイドチェイン設定が行いやすくなりました。使い方は、Liveのコンプレッサーで採用されているサイドチェイン設定パネルに似ています。

【注意】サイドチェインの機能性はプラグイン自体に依存します。プラグインが外部とのサイドチェインに未対応の場合、サイドチェインの設定をしても効果が表れません。

1. サイドチェイン設定が可能なVSTプラグインやAUプラグインをトラックに追加します。

2. プラグインのGUI内でサイドチェインを有効にします。 サイドチェインを有効にする方法はプラグインによって異なります。正確な手順については、プラグインのマニュアルを参照してください。 このページでは、Izotope Neutron Compressorを使用しています。 電源アイコンを有効にすると、サイドチェインのソースが"Ext Full"に設定されます。

1.png

3. サイドチェインを作動させるソースとなるトラックを作成します。

4. LiveのプラグインGUI内で、[Sidechain]を有効にします。 サイドチェインを作動させるソースを、[Audio From]で選びます。

2.png

5. 必要に応じて、[Gain]と[Mix]を調節します。

Live 9でサードパーティー製プラグインにサイドチェインを適用する方法

サイドチェイン設定パネルはLive 10.1以降で利用可能ですが、以前のバージョンでもサードパーティー製プラグインにサイドチェインを適用することができます。 そのためには事前に次のトラックを設定します。

  • サイドチェイン設定が可能なVSTプラグインやAUプラグインをトラックに追加します。このページでは、このトラックの名前を“Sidechain-Capable Plug-in”にしています。 【注意】プラグイン自体のサイドチェインを有効しなければならないことがあります。
  • サイドチェインを作動させるソースとなる音源を別のトラックに追加します。このページでは、このトラックの名前を“Sidechain Trigger”にしています。 コンプレッサーにサイドチェインを適用するときには、ソースとしてキックなどが使われます。
  • ソースの音声信号を接続するために使用するオーディオトラックを別に用意します。このページでは、このオーディオトラックの名前を“Audio Signal Routing Track”にしています。
  • トラックの入力/出力セクションが表示されていない場合は、[Cmd + Alt + I]キー(Mac)/[Ctrl + Alt + I]キー(Windows)を押してください。

“Sidechain Trigger”トラックのサイドチェイン用ソース信号を別のトラックへ接続する

  • Audio Signal Routing Track”トラックの[Monitor]を必ず“In”に設定します。
  • Audio Signal Routing Track”トラックの入力タイプ選択リストで、“Sidechain Trigger”トラックを選びます。 入力タイプ選択リストは[Audio From]のひとつ目の選択リストです。
  • Audio Signal Routing Track”トラックの出力タイプ選択リストで、サイドチェインを作動させる音声信号を受信するプラグインの入ったトラック(ここでは“Sidechain-Capable Plug-in”トラック)を選びます。 出力タイプ選択リストは[Audio To]のひとつ目の選択リストです。
  • Audio Signal Routing Track”トラックの出力チャンネル選択リストで、プラグインを選びます。 出力チャンネル選択リストは[Audio From]のふたつ目の選択リストです。

3.png

追加情報

上の例では、サイドチェインの音声信号そのものが聞こえることを前提にしています。 この例とは異なり、サイドチェインを作動させるためにだけ音声信号を使って、音声信号そのものを鳴らしたくない場合があります。

その接続設定をLiveで行う場合に必要なトラック数は、ふたつだけです。 この場合、上述の例で使った“Audio Signal Routing Track”トラックは不要です。 “Sidechain Trigger”トラックの出力タイプ選択リストと出力チャンネル選択リストを使って、“Sidechain Trigger”トラックの音声信号を直接プラグインへ送信します。

4.png