LiveでMIDIメッセージ“Toggle”と“Momentary”を使う

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

通常、MIDIコントローラに搭載されているボタンは、“Toggle”もしくは“Momentary”という種類のMIDIメッセージを送信することができます。

Toggle:フットペダルを踏んだときやボタンを押したときに、“127”の値でMIDIメッセージが送信されます。 もう一度フットペダルを踏むと、“0”の値でMIDIメッセージが送信されます。一部のパラメータでは、2回フットペダルを踏むまで、MIDIメッセージが完結しない場合があります。 通常、フットペダルの多くが送信するMIDIメッセージは、初期設定でToggleになっています。

Momentary:フットペダルを踏んだときに、“127”の値でMIDIメッセージが送信され、フットペダルから足を離すと“0”の値でMIDIメッセージが送信されます。

Liveのパラメータに適したMIDIメッセージの種類

Looperの多目的トランスポートボタン

  • 必要となるMIDIメッセージの種類は、Momentaryです。 通常、フットペダルが送信するMIDIメッセージは初期設定でToggleになっているため、Looperの多目的トランスポートボタンをフットペダルで操作するには、そのフットペダルの設定を変更して、送信するMIDIメッセージをMomentaryに変更する必要があります。

  • mpfb.PNG

トラックのアームボタン(録音を有効にするボタン)

  •  必要となるMIDIメッセージの種類は、Toggleです。

トラックアクティベータ/ミュートボタン

  • 必要となるMIDIメッセージの種類は、Toggleです。

ソロボタン

  • 必要となるMIDIメッセージの種類は、Toggleです。

デバイスアクティベータ

  • 必要となるMIDIメッセージの種類は、Toggleです。

【注意】視覚的に反応するMIDIコントローラを使用している場合(例:押すとライトが点灯するAkai LPDのパッド)、送信するMIDIメッセージの設定を変更すると、視覚的な反応が操作と一致しなくなることがあります。 視覚的な反応のプログラムはMIDIコントローラに組み込まれているため、変更することができません。

MIDIコントローラの挙動を変更する方法

MIDIコントローラ、キーボード、フットペダルといった機材の多くには、設定を変更するためのソフトウェアが付属しています。 このソフトウェアでは、ノブ、フェーダー、ペダル、ボタンなど、機材に搭載されている操作子の挙動を変更することができます。 詳細については、製造元のウェブサイトを確認してください。

設定を変更するためのソフトウェアが提供されていない場合は、次のようなMIDI変換ソフトウェアを使うこともできます。

Bome MIDI Translator(Windows/Mac)

MIDI Pipe(Mac)