外部ハードウェアの使用方法 (MIDIを使用)

  • 対象となるLiveのバージョン: Live 8 ~ 10
  • 対象となるOS:すべて

Liveでは、シンセサイザー、ドラムマシン、サンプラーなどのMIDI対応ハードウェアをシームレス統合できます。

CV対応ハードウェアを使用している場合は、外部ハードウェアの使用(CVを使用) を参照してください。

外部エフェクトを使用している場合は、外部オーディオエフェクトの使用 を参照してください。

ステップ1:必要条件

ハードウェアをLiveと効果的に統合するには、次のものが必要です。

  • MIDIインターフェース (多くのオーディオインターフェイスにはMIDIポートが含まれます)。
  • オーディオインターフェース
  • MIDIケーブル( またはUSBからMIDI送信をサポートしている場合はUSBケーブル)。
  • オーディオケーブル

【注意】一部の新しいデバイスはUSBを介したオーディオをサポートしている場合があります。この場合、必ずしも専用のオーディオインターフェイスを使用する必要はありません。

ステップ2:ハードウェアを接続する

  1. MIDIインターファイスのMIDI出力を、MIDIケーブルを使用してハードウェアの MIDI入力に接続します。
  2. ハードウェアの オーディオ出力を オーディオケーブル(もしくはペアのステレオ用のケーブル)を使用して、オーディオインターフェースのインプットに接続します。Screen_Shot_2017-05-23_at_15.58.59.png
  3. 機材がMIDIまたはUSBを介したオーディオをサポートしている場合は、USBケーブルを使用してコンピュータに接続し、必要なドライバ(メーカーのウェブサイトからダウンロードが可能)をインストールします。

ステップ3:Liveのオーディオ設定を行う

  1. Liveの[環境設定]で[Audio]を開きます。
  2. [入力設定]をクリックします。
  3. お使いのハードウェアに接続されている入力チャンネルを有効にし、名前を付けます。
    External_Hardware_with_Live_2018-01-12_at_17.37.19.png
  4. 音声を送受信できるUSBに対応した機材を使用する場合、その機材をオーディオインターフェースとして選択できます。

ステップ4:LiveのMIDI設定を行う

  1. Liveの[環境設定]で[Link/MIDI]を開きます。
  2. 対応する出力MIDIポートの”トラック”スイッチを有効にして、MIDIノートとMIDI CCデータの両方を送信します。
    【注意】全てのデバイスがMIDI CCデータメッセージに応答するわけではありません。 ハードウェアの取扱説明書の仕様ページを読み、Midi CCメッセージに対応していることをご確認ください。
  3. シーケンサー、LFOまたはエフェクト内臓の外部ハードウェアと同期するには、対応する出力MIDIポートの[同期]ボタンをオンにしてください。
  4. 該当するMIDI出力の“リモート”スイッチは“オフ”のままにしてください。
    【注意】MIDIポートの機能の詳細については、「LiveのMIDIポートの説明」を確認してください。

External_Hardware_with_Live_2018-01-12_at_17.41.00.png 

ステップ5:外部インストゥルメントの使用(推奨)

ハードウェアをLiveで使用するときは、デバイスのExternal Instrumentがとても便利です。 External Instrumentを使うと、ソフトウェアやプラグインと同じような方法で外部ハードウェアの操作を行えるようになります。

【注意】外部インストゥルメントは、Live SuiteまたはStandardでのみ使用できます。 Live IntroまたはLiteを使用している場合は、代わりにステップ6を参照してください。

External_Hardware_with_Live_2018-01-12_at_17.42.47_copy.png

  1. ハードウェアに接続しているMIDI出力ポート、チャンネル、オーディオ入力ポートを選択します。
  2. 音声が同期してないように聞こえる場合は、[Hardware Latency]スライダーをを調節してください。

External_Hardware_with_Live_2018-01-12_at_17.42.47.png

ステップ6:MIDIトラックとオーディオトラックをペアで使用(オプションの方法)

External Instrumentを使えない場合や、使いたくない場合は以下の手順で操作を行ってください。

  1. MIDIトラックを作成します。
  2. IOセクションで、正しいMIDI出力ポートを選択します。
  3. オーディオトラックを作成します。
  4. IOセクションで、Ext. Inと 正しいオーディオインプットポートを選択します。
  5. “Monitor”を[In]に切り替えます。
  6. [オプション]メニューで[モニタリング時に低レイテンシー] が有効になっていることを確認してください。
  7. オーディオがセットの残りの部分と同期するまで、MIDIトラックのトラックディレイを調整します。

Screen_Shot_2017-06-02_at_15.40.37.png 

ステップ7:ハードウェアをLiveに録音する

ハードウェアのオーディオ出力をLiveで録音する方法はいくつかあります。

方法1:別のオーディオトラックに直接録音する(推奨)

  1. 空のオーディオトラックを作成します。
  2. External InstrumentかExternal Audio Effectのトラックから直接音声を受け取るように[Audio From]を設定します。
  3. “Pre FM”、“Post FX”、“Post Mixer”から選んでください。 Liveでエフェクトをさらに処理または調整する場合の備えて。ハードウェアからの純粋なオーディオ得るにはPre FX の録音をお勧めします。
  4. 録音するオーディオトラックの“Monitor”は[Off]のままにしておきます。
  5. [アームボタン]を押して、空のクリップスロットへ録音します。

External_Hardware_with_Live_2018-01-12_at_18.00.17.png

方法2:個別のトラックをレンラリングする

  1. [ファイル]メニューから[オーディオ/ビデオをエクスポート]を選びます(Macなら[Shift + Cmd + R]キー、Windowsなら[Shift + Ctrl + R]キーで同じ操作を行えます)。
  2. ハードウェアをモニタリングするトラックのみを選択します。
  3. 必要な設定を選択すると、Liveはリアルタイムでトラックをレンラリングします。
  4. 処理が完了したら、エクスポートされたオーディオファイルをLiveのオーディオトラックにドラッグして戻します。

Screenshot_2019-05-07_at_15.49.10.png

方法3:トラックをフリーズ/フラット化する

  1. トラック上で右クリックして[トラックのフリーズ]と[<0>フラット化]を選びます。
  2. 実行すると、トラックは音声に変換され、使用していたデバイスやMIDIパターンが削除されます。
  3. 削除したくない場合は、フリーズ/フラット化を行う前にトラックを複製してください。

方法4:セット全体をエクスポートする

セット全体のレンダリングが完了するまで、ハードウェアを完全にLiveに保つこともできます。

  1. [ファイル]メニューから[オーディオ/ビデオのエクスポート]を選んでください。
  2. マスタートラックをエクスポートします。

【注意】エクスポート後にアレンジメントやミックスダウンへ変更を加える場合は、セット全体のエクスポート作業をもう一度行ってください。

ステップ8:ハードウェア使用時の追加オプション

1. ハードウェアをMIDIコントローラーとして使用する

多くのシンセサイザーはキーボードが内臓されており、Liveのコントローラとして使用できます。

  1. シンセサイザーのMIDI出力を、MIDIインターフェースのMIDI入力に接続してください。 または、USBケーブル対応の場合は、USBケーブルを使用します。
  2. 入力MIDIポートの トラック ボタンを有効にします。
  3. シンセサイザーのノブとダイアルをLiveのコントロールにマップしたい場合は、リモート ボタンを有効にしてください。

【注意】 以下のローカルコントロールも参照してください。

2. MIDIチャンネル

標準MIDIは、ポートごとに16チャンネルの対応です。 ハードウェアのセットアップ内でMIDIチャンネルを変更できます。 これは、1つのMIDIポートにチェーン接続された複数の異なるデバイスをコントロールする場合に便利です。

【注意】 MIDIデータの転送速度には制限があるため、可能な場合はデバイスごとに専用ポートを使用することをお勧めします。

3. プログラムチェンジメッセージ

MIDIプログラムチェンジメッセージを送信して、パッチ、パターン、またはプリセットを切り替えることが出来ます。 これらは Pgm Changeに追加されていて、 MIDIクリップのフィールドであり、クリップの起動時に送信されます。 クリップごとに送信できるプログラム変更のメッサージは1つだけです。 プログラムの変更基準はシンセサイザーによって多少異なる可能性があるため、デバイスに応じて適切な形式が見つかるまで実験してみる必要があります。

External_Hardware_with_Live_2018-01-12_at_17.48.34.png

4. ローカルコントロール

一部のシンセサイザーにはローカルコントロールと呼ばれる機能があります。ローカルコントロールが無効になっている場合、キーボードの演奏や、ノブの調整は直接影響しませんが、それらのメッセージはMIDI出力からLiveに送信されます。またLiveからMIDI入力を介してシンセサイザーに送り返されます。 お使いのシンセサイザーのマニュアルでローカルコントロールを無効にする方法を調べてください。(デバイスによっては違う名前の場合があります。)

5. マルチティンバーデバイス

マルチティンバーデバイス(マルチモードとも呼ばれます)は異なるMIDIチャンネルを介して複数の異なるパッチを同時に再生することが出来ます。

シンセに複数のオーディオ出力が備わっている場合、External Instrumentはいくつかの使い方ができます。 上記の指示に従ってください(外部インストゥルメントの使用 )、ただし外部インストゥルメントデバイスごとに個々のMIDIチャンネルとオーディオ入力を設定します。

お使いのシンセサイザーがシングル(ステレオ)出力しか付いていない場合は、各音色パートごとに個々のMIDIトラックを使用し、1つのオーディオトラックで全てのサウンドをモニタリングすることを推奨します。 録音時には、一度に1つのMIDIトラックをソロにして、1つずつ録音する必要があります。

External_Hardware_with_Live_2018-01-12_at_17.48.06.png

ステップ9:ハードウェア使用時の潜在的な問題

1. モニタリング中のレイテンシー

2. 音声はモニタリングしている時は同期していますが、録音時には同期していません。

Screenshot_2019-05-07_at_14.46.39.png

外部の入力から直接録音してる場合(Liveの別のトラックから内部的にではなく)録音が同期していない可能性があります。 この問題はドライバエラー補正を使用して解決出来ます。

3. モニタリング時の重複音

モニターされているオーディオが重複、またはフェージングしているように聞こえる場合、2つの理由が考えられます。

  • オーディオは、Liveと同時にオーディオインターフェイスの制御ソフトウェアを介してモニターされる場合があります。 二重でのモニタリングを避けるために、オーディオインターフェース制御ソフトウェアの出力チャンネルをミュートにします。
  • 自身のキーボードでシンセサイザーを演奏し、MIDIとオーディオの両方をモニターしている場合、このMIDIはわずかに遅れてシンセサイザーに送り返され、ノートが重複になります。 MIDIトラックのモニタリングを無効にする(オフに切り替える)か、ローカルコントロールを無効にします(上記参照)。

4. 録音されたオーディオのドロップアウト

  • バッファサイズを大きく、サンプルレートを低く設定する。
  • 全てのケーブル(USB、オーディオ、MIDI)をチェックし、破損していないことを確認します。
  • 音割れや音飛びの予防方法