Status Reportの作成方法

  • 対象となるLiveのバージョン: Live 8 ~ 10
  • 対象となるOS:すべて

“Status Report”は、設定に関する情報や、Liveを最後に起動してから行った作業のログを含むZipファイルです。 このファイルは、お使いのLiveの技術的な問題をAbletonのサポートチームが調べるときに役立ちます。

Status Reportを作成するには、次の手順に従って作業を行ってください。

ステップ1:Liveの[へルプ]メニューで[サポート]をクリックして、[技術的な問題が生じたら]というセクションを開きます。

Screen_Shot_2017-10-17_at_11.31.57.png

ステップ2:Status Reportのリンクをクリックして、そのZipファイルの入っている場所をFinder(Mac)/エクスプローラー(Win)で開きます。

Screen_Shot_2017-10-17_at_11.33.12.png

ステップ3:Status ReportのZipファイルをメールに添付してAbletonのサポート窓口へ送信します。

【注意】Status Reportを手動で探す場合は、次の場所で見つけられます。 作業はLiveを起動していないときでも行えるので便利ですが、前述の方法でStatus Reportを作成することはできません。

  • Mac
    /Users/[username]/Library/Application Support/Ableton/Live Reports/
  • Windows
    \Users\[username]\AppData\Roaming\Ableton\Live Reports\

通常、こうしたフォルダは初期設定で表示されません