オンラインでLiveをオーソライズする方法

  • 対象となるLiveのバージョン: Live 10 ~ 11
  • 対象となるOS:すべて

Liveのインストールが完了したあとは、オーソライズを行う必要があります。 Liveのオーソライズは、オンラインまたはオフラインで行うことができます。

注意】Ableton以外の販売店をつうじてLiveを購入した場合は、先にシリアルナンバーの登録を行う必要があります。

オンラインでLiveをオーソライズする方法

もっとも簡単なオーソライズ方法は、オンラインでのオーソライズです。LiveがAbletonのサーバーに直接接続されて、自動的にオーソライズが行われます。 Liveとインターネットブラウザーをインストールしたコンピュータを、インターネットに接続する必要があります。 インターネットブラウザーでは、Google Chrome、もしくはMozilla Firefoxの利用を推奨しています。

1. Liveを起動すると、次のようなオーソライズのダイアログウィンドウが表示されます。

Screenshot_2021-02-25_at_14.54.06.png

2. [ableton.comでオーソライズ](Authorize with ableton.com)をクリックします。 クリックすると、インターネットブラウザーが自動的に開き、Abletonのウェブサイトへ移動します。

3. Abletonのアカウントへログインします(ログインしていない場合)。

4. ドロップダウンメニューをクリックして、使用するLiveのライセンスを選択します。
Screenshot_2021-08-17_at_16.29.24.png

【注意】お使いのOSがLiveに対応しなくなったなど、技術的な理由により、以前のバージョンのLiveをオーソライズしたい場合は、ご利用可能な解決方法について、サポート窓口までお問い合わせください(以前のバージョンのLiveを購入していない場合も含む)。

以前のバージョンからLiveをアップグレードすると、ドロップダウンメニューには、新しいバージョンのLiveのみが表示されます。ただし、以前のバージョンのLiveも引き続きオーソライズすることができます。 以前のバーションのライセンス一覧は、[ シリアルナンバーを表示する]をクリックすると表示されます。
Screenshot_2021-08-17_at_16.50.00.png

5. オーソライズするためのボタンを押すと、画面がLiveに切り替わります。

6. Liveのオーソライズが無事に完了すると、確認メッセージが表示されます。

Screenshot_2021-02-25_at_14.54.32.png

オフラインでLiveをオーソライズする方法

お使いのコンピュータがインターネットに接続されていない場合や、Live 10へアップグレード後にLive 9をオーソライズしようとしている場合は、こちらのページの案内にそってオフラインでLiveをオーソライズしてください。

トラブルシューティング

オーソライズに関するトラブルシューティング