ビデオの使用方法

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 8.4.1 ~ 10(StandardとSuiteのみ)
  • 対象となるOS:MacとWindows

Liveは、映像用(ビデオ用)の音楽を作成するのに理想的なソフトウェアです。 本ページでは、Liveでビデオを使用する際のポイントと推奨する方法を紹介します。

ビデオファイルを理解する

デジタルビデオファイル(.mov、.mp4、.aviなど)は、ひとつ以上の映像/音声データを収める容器です。 各データは、業界標準コーデック(audio, H.264/AVC用のMP3やAAC、映像用のMPEG-2など)で、もう一度エンコードされます。

Liveでビデオを最適に再生するための推奨事項

Liveで最良のパフォーマンスを実現するために、1フレームごとに(少なくとも2フレームごとに)キーフレームを打ったビデオの使用を推奨しています。 キーフレーム数が少ないほど、CPU使用率が高くなり、ビデオ再生が乱れることがあります。

  • 解像度が1080pまでのビデオでは、Photo-JPEGの使用を推奨しています。
  • 高解像度のビデオでは、H264を使用します。
  • 理想的なコンテナファイルフォーマットは、.mov.mp4です。

【注意】ここに挙げた最適なフォーマットでは、多くのディスクスペースが必要になりますが、代わりに快適な編集作業を行えるようになります。 映像用の音楽を作り終えてから、最終的なビデオをサイズの小さいビデオファイルでエクスポートする場合は、異なる圧縮設定やキーフレーム数でエンコードを行います。

Windowsでの推奨コーデック(64ビットバージョンのLiveの場合)

DirectShowと互換性のあるデマルチプレクサとデコーダがコンピュータに入っている場合、いずれも64ビットバージョンのLiveで使用できます。Windowsの最新システムでは、初期設定でインストールされているビデオコーデックの数が限られているため、コーデックの追加インストールを行う必要があります。 コンテナファイルを読み取るデマルチプレクサと、音声と映像の各データを一致させるデコーダの両方をインストールする必要があります。

Liveでは、次のふたつの方法をテスト済みです。

1. 幅広い種類のコーデックを無料で提供するCCCPを利用する

2. Matroska Splitterとffdshowを使用する(両方のコンポーネントをインストールする必要があります)

【重要】Windowsは、最初にインストールしたコーデックパックを規定値に設定します。 上記の方法をどちらも行う場合は、ひとつ目のコーデックパックをアンインストールして、別のコーデックパックを使用してください。

推奨するビデオ変換ツール

ビデオを変換してLiveでの再生を改善する場合は、MPEG Streamclipの使用を推奨しています。

ビデオのエクスポートで推奨するエンコード方式

非圧縮ビデオをエンコードするときは、できるだけ多くのキーフレームを使用してください(キーフレームのみでのエンコードが好ましい)。応答性が著しく高まり、CPU使用率が低減します。 ビデオファイルのサイズを小さくする場合は、キーフレーム数を減らすことができます。

Liveの[オーディオ/ビデオをエクスポート]で[ビデオを作成]を有効にすると、[エンコーダー設定]を使用できるようになります。 設定可能な項目は、選択したエンコード方法によって異なります。また、お使いのOSによってエンコード方法が異なります。

Mac専用フォーマットをWindowsで使用する方法

Mac独自の専用フォーマットに対応していることを記載したWindowsのコーデックパックがありますが、一部では、M4AやALACといったフォーマットがWindowsで動作しないことがあります。 そうした場合は、MPEG Streamclipでファイルフォーマットを変更することを推奨しています。

ビデオのウィンドウを全画面表示にする方法

ビデオウィンドウでダブルクリックすると、 全画面表示に切り替えられます。もう一度ダブルクリックすると、全画面表示を終了します。 別のモニターディスプレイでビデオウィンドウを全画面表示する場合は、そのモニターディスプレイへウィンドウをドラッグしてから、ダブルクリックします。

ビデオに関する問題のトラブルシューティング

Liveのビデオ再生が乱れる/遅延する

圧縮率の高いビデオを少ないキーフレーム数で使用する場合、CPU使用率が非常に高くなり、Liveのビデオ再生に乱れや遅延が発生することがあります。 そのような場合、高いキーフレーム数でビデオを再エンコードしてください。1フレームごとに(少なくとも2フレームごとに)キーフレームを打ったビデオの使用を推奨しています。

ビデオをインポートできない(Windows)

最初に、上述の推奨コーデックをひとつだけインストールします。 問題が解決しない場合は、管理者としてLiveを実行しているかどうかを確認してください。 管理者としてLiveを実行すると、あらゆるメディアファイルのインポートするためのアクセス権が適切に指定されます。 こちらのガイドに従って、管理者としてLiveを実行してください。

ビデオのインポート中にLiveがクラッシュする(Windows)

推奨しているふたつのコーデックのうち、必ずひとつだけをインストールしてください。もうひとつのコーデックを使用するときは、先にインストールしたコーデックをアンインストールします。 クラッシュが解決しない場合は、上述した推奨フォーマットのいずれかにビデオフォーマットを変換して最適な再生を行ってください。

32ビットバージョンのLiveでしかビデオが動作しない(Windows 7)

通常、Windows版32ビットバージョンのLiveでは、Quicktimeを使ってビデオをデコードします。 Quicktimeは、Windows 7の32ビットでのみ利用可能です(Windows 7よりも後続のバージョンでは利用できません)。 上述の推奨コーデックをひとつだけインストールすれば、64ビットバージョンのLiveでビデオを使って作業できます。 QuicktimeとLiveの使用についての詳細は、こちらを確認してください。

ビデオのウィンドウに何も表示されない(Windows)

ビデオのインポート後、ビデオのウィンドウに何も表示されないまま、音声だけが問題なく再生される場合、次の理由が考えられます。

1. 2台のモニターディスプレイを使用している

2台のモニターディスプレイを使用すると、ビデオ関連の問題の原因になる場合があります。 たとえば、ビデオのウィンドウがふたつ目のモニターディスプレイに配置されているときは何も表示せず、メインディスプレイに配置されているときは正しく再生することがあります。 2台のモニターディスプレイをアレンジメントビューやセッションビューに使用している場合、[Tab]キーでビューの切り替えを行うようにして、メインディスプレイをビデオのプレビュー用に使用すると、この問題を簡単に解決できます。

2. 専用グラフィックカードを使っている

グラフィックドライバがアップデートされていることを確認してください。 問題が解決しない場合は、専用グラフィックカード(NVIDIAなど)から統合グラフィックカードへ切り替えてみてください。 切り替えは、NVIDIAのコントロールパネルで行えます。

qeQAq.png

この操作を行えない場合は、Abletonのアイコンを右クリックして統合グラフィックカードを選択してください。

3. iPhotoのスライドショーを使っている

iPhotoのスライドショーをインポートしても、音声は再生されますが、ビデオのスクリーンには何も表示されません。 この問題を解決するには、iPhotoのエクスポートウィンドウで[Quicktime]タブではなく、[スライドショー]タブを使ってスライドショーをエクスポートしてください。

参考記事