2台のモニターディスプレイを使う

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

Liveでは、2台のモニターディスプレイに対応しています。

2台のモニターティスプレイでふたつのウィンドウを同時に使って作業すると、セッションビューとアレンジメントビューや、クリップビューとデバイスビューを同時に表示したり、片方のウィンドウをMIDIクリップを編集する専用画面にしたりすることができます。

大型のモニターディスプレイが1台ある場合でも、ふたつのウィンドウを使って異なる操作画面を表示させることができます。

ふたつ目のウィンドウを使うには、メニュー[表示]で[セカンドウィンドウ]を有効にします。

ふたつのウィンドウを使うときには、次の点に注意してください。

  • Liveのブラウザーセクションとインフォビューは、メインウィンドウに表示されます。 メインウィンドウは、モニターディスプレイ上の任意の場所へ移動することができます。
  • クリップビューを両方のウィンドウへ同時に表示することはできません。デバイスビューも両方のウィンドウへ同時に表示することはできません。 そのため、片方のウィンドウにはデバイスビューが表示され、もう一方のウィンドウにはクリップビューが表示されます。 [Shift + Tab]キーを押すと、クリップビューとデバイスビューの表示が入れ替わります。
  • メニュー[表示]の[詳細ビューの表示/非表示]は、現在選択中のウィンドウの詳細ビューに適用されます。
  • メニュー[ファイル]の[ウィンドウを閉じる]は、メインウィンドウでは使用することができません。 [ウィンドウを閉じる]を選ぶと、ふたつ目のウィンドウが閉じます。 ひとつのウィンドウのみを使っているときは、[Ctrl + W]キー(Windows)/[Cmd + W]キー(Mac)を押してLiveセットを閉じることができません。 [Ctrl + N]キー(Windows)/[Cmd + N]キー(Mac)を押して、新規Liveセットを作成することは可能です。