WindowsでVSTプラグインを使用する方法

 

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:Windows

VSTプラグインとは、サードパーティー製のインストゥルメントやエフェクトのことです。Liveでインストールして使用することができます。 VST2プラグインのファイル拡張子は、“.dll”です。 VST3プラグインのファイル拡張子は、“.vst3”です。

WindowsにVSTプラグインをインストールして有効にする方法

1. 最新のインストーラーファイルをプラグインの製造元のウェブサイトからダウンロードして実行します。

2. 一部の製品では、VSTプラグインとは別にスタンドアロン版が提供されています。 スタンドアロン版とVSTプラグインを同じフォルダにインストールしないでください。

3. VSTプラグインの保存場所として設定したフォルダにVSTプラグインをインストールします。 VSTプラグインの保存場所として推奨している既存のフォルダは、次のとおりです。

  • C:\Program Files\VSTPlugins (64ビット版VST2プラグイン)
  • C:\Program Files\Common Files\VST3 (64ビット版VST3プラグイン| Live 10.1 以降)
  • C:\Program Files (x86)\VSTPlugins (32ビット版VSTプラグイン)

【注意】 Live 10には64ビット版しかありません。そのため、Live 10では32ビット版プラグインが表示されません。 同様に、64ビット版プラグインは32ビット版のLiveに表示されません。

4. VSTプラグインをカスタムフォルダにインストールすることもできます。

5. インストールの完了後、Liveを起動します。

6. Liveの環境設定画面を開き、タブ [Plug-ins]へ移動して、[プラグインソース]の欄を確認します。Live 10.1よりも前のバージョンをお使いの場合は、タブ[File/Folder]へ移動して、[プラグインソース]の欄を確認します。

plugins_2.png

7. 必要に応じて、カスタムフォルダやシステムフォルダ(VST3プラグインのみ)を有効にします。

【注意】 カスタムフォルダには、VSTプラグインを含む単独のフォルダを選択してください。 ドライブ全体、またはシステムフォルダをカスタムフォルダとして選択すると、Liveがクラッシュする場合があります。 VSTプラグインのファイル(ファイル拡張子“.dll”)のみを含むフォルダを選択してください。 ファイル拡張子が“.dll”のファイルは、プラグイン以外のプログラムでも使われています。VSTプラグインの保存場所として設定したフォルダに、プラグイン以外の“.dll”が入っているとLiveがクラッシュすることがあります。

8. Liveが、使用可能な全プラグインをスキャンし始めます。スキャンが終わると、Liveのブラウザーの[カテゴリ]に含まれている“プラグイン”にプラグインが表示されます。

9. プラグインを正しくインストールしても、そのプラグインがLiveに表示されない場合は、こちらのページを確認してください。