WindowsでVSTプラグインを使用する方法

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:Windows

プラグインのインストール

たいていの場合、VSTプラグインがインストールされる場所は2種類あります。 スタンドアロンで動作するプラグインは、通常、[Program Files]の下層フォルダにインストールされます。 この下層フォルダは、多くの場合、プラグインを開発した会社と同じ名前になります。

もうひとつは、VSTプラグインそのもの(dll形式のファイル)を収める場所です。 初期設定でdllファイルがインストールされるのは、次のシステムフォルダです。

  • 64ビットプラグイン:C:\Program Files\Steinberg\Vstplugins\
  • 32ビットプラグイン:C:\Program Files (x86)\Steinberg\Vstplugins\

【重要】

  1. 初期設定では、ほとんどのプラグインが前述のフォルダにインストールされますが、場合によっては、インストーラで正しい場所を指定しなければならないときがあります。
  2. プラグインの正しいバージョン(64ビット、もしくは、32ビット)を必ずインストールしてください。 32ビットプラグインは、64ビットバージョンのLiveに表示されません(64ビットプラグインは、32ビットバージョンのLiveに表示されません)。 【注意】Live 10でご利用できるのは、64ビットバージョンのみです。
  3. 常にVSTプラグインを正しいフォルダへインストールしてください。インストール後に手動でdllファイルを移動することは控えてください。
  4. プラグインのスタンドアロン・アプリケーションを移動したり、名前の変更、アンインストールを行ったりすると、そのVSTプラグインが動作しなくなることがあります。
  5. プラグインのスタンドアロン・バージョンを、VSTプラグインのDllファイルが入ったフォルダへインストールしないでください。
  6. 32ビットと64ビットのプラグインを同じ名前のフォルダにインストールしないでください。
  7. Windowsでは、VSTプラグインのファイルに“.dll”という拡張子が付きます。 他のファイル形式でも同じ“.dll”の拡張子が使用されることがあるので、プラグインのフォルダには必ずVSTのdllファイルのみを保存してください。VST以外のDllファイルがあると、Liveが読み込み中にクラッシュを起こすことがあります。

プラグインカスタムフォルダの使用方法

プラグインの保存場所としてカスタムフォルダ(システムフォルダ以外)を使用する場合は、[環境設定]で必要な操作を行います。

  1. [環境設定]の[File / Folder]タブを開きます。
  2. [プラグインソース]でVSTプラグインカスタムフォルダを選びます。
  3. [プラグインカスタムフォルダを使用する]を[オン]にします。

【注意】初期設定のフォルダを使用する場合は、カスタムフォルダとして追加する必要はありません。

Windows_VST.jpg

サードパーティー製プラグインの詳細については、こちらのチュートリアルビデオをご確認ください。

プラグインがLiveに表示されない場合の対処方法

VST/AUプラグインがLiveに表示されない場合の対処方法をこちらにまとめています。

プラグインがLiveで正しく機能しない場合の対処方法

  • プラグインの製造元のウェブサイトで、お使いのOSと互換性のあるバージョンが利用できることを確認してください。
  • プラグインの製造元のウェブサイトで、最新バージョンのプラグインをインストールしていることを確認してください。 必要に応じて、プラグインの完全な再インストールを行ってください。
  • 特定のプラグインでは、Liveの起動に管理者権限が求められます。 例として、ToontrackのEZDrummerのように、プラグインからLiveへMIDIクリップをドラッグできるようになるプラグインが挙げられます。 管理者権限でアプリケーションを実行する方法は次のとおりです。Windows 7Windows 8Windows 10

プラグインがLiveでクラッシュした場合の対処方法

  • プラグインのインストール後にLiveがクラッシュする場合、[Alt]キーを押したままLiveを起動してください。 プラグインのスキャン処理が行われず、一時的にVSTサポートが無効になります。
  • プラグインを再インストールします。 クラッシュが引き続き発生する場合は、利用可能なクラッシュレポートサポート窓口へお送りください。
  • ハードディスク全体、Windowsのシステムフォルダ、もしくは、“Program Files”フォルダ全体をプラグインフォルダとして選択すると、Liveが起動時にクラッシュする原因になります。
  • プラグインフォルダには、VSTのdllファイルのみを入れてください。システムdllファイルは含めないでください。

参考記事