LiveのクリップをALCファイルとして保存して使用する

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

Liveでは、オーディオクリップやMIDIクリップをALCファイルとして保存して、任意のLiveセットで使い回すことができます。保存される内容には、クリップに関連するデバイスチェーンや設定の状態も含まれます。

クリップをALCファイルとして保存する

クリップをALCファイルとして保存するには、現在使用中のLiveセットの中からオーディオクリップやMIDIクリップをドラッグして、Liveのブラウザーの[場所]に入っているいずれかのフォルダ(“ユーザーライブラリ”や“現在のプロジェクト”など)にドロップします。 これにより、拡張子“.alc”のファイルが作成されます。

  • MIDIクリップを保存すると、そのMIDIクリップを含んでいたトラックのデバイスチェーンをはじめ、MIDIクリップ内のパターンやオートメーションのほか、すべての設定状態が保存されます。
  • オーディオクリップを保存すると、環境設定のタブ[Library]にある[エクスポート時にファイルを収集]の設定にもとづいてオーディオクリップ内のサンプルの保存が行われます。 MIDIクリップと同様、オーディオクリップの保存でも、デバイスチェーンをはじめ、オーディオクリップ内のオートメーションやすべての設定状態が保存されます。

保存したクリップをプレビューする

ブラウザー内で任意のクリップを選び、 [クリックしてプレビュー]と表示される部分をクリックすると、そのクリップを試聴することができます。クリップを選んで、コンピュータのキーボードの右矢印キーを押しても、クリップを試聴することができます。

Screen_Shot_2018-01-25_at_15.40.17.png

保存したクリップを読み込む

保存したクリップを読み込むには、任意のクリップをダブルクリックするか、Liveセット内のトラックにドラッグします。

保存したクリップを空のトラックに読み込む

保存したMIDIクリップを空のトラックにドラッグすると、そのトラックがMIDIトラックになり、MIDIクリップが読み込まれます。保存したオーディオクリップを空のトラックにドラッグすると、そのトラックがオーディオトラックになり、オーディオクリップが読み込まれます。 MIDIクリップやオーディオクリップと一緒に保存されているデバイスの設定状態も、あわせて読み込まれます。

保存したクリップを読み込んだトラックですでにデバイスが使われている場合

保存したクリップを読み込んだトラックですでにインストゥルメントやエフェクトが使われている場合、クリップの情報のみ(MIDIクリップの場合はMIDIノートとその設定状態、オーディオクリップの場合はサンプルとその設定状態)が読み込まれ、すでに使われているインストゥルメントやエフェクトはいずれも保持されます。

MIDIクリップをMIDIファイルとして書き出す

MIDIクリップのMIDI情報のみをスタンダードMIDIファイルとして保存する場合は、任意のMIDIクリップを右クリックしてコンテクストメニューで[MIDIクリップを書き出す]を選びます。

Screen_Shot_2018-01-25_at_15.40.55.png