Liveのリセット方法

  • 対象となるLiveのバージョン: すべて
  • 対象となるOS: すべて

Liveをリセットすると、アプリケーションがデフォルトの状態に戻ります。 トラブルシューティングの際にLiveのリセットを実行することで、問題のある設定やテンプレートファイルなどを原因から除外することができます。

Live 11のリセット(Mac)
Live 11のリセット(Windows)
Live 10以前のLiveのリセット

Liveをリセットすると、以下の項目が削除され、デフォルトに戻ります。

  • オーディオおよびMIDIの設定を含むLiveの環境設定
  • テンプレートセット
  • Undoの履歴

Liveのリセット後、ハードウェア機器とプラグインフォルダーの設定、入力/出力で設定した名前やLiveの環境設定で変更した各種設定を再度設定し直す必要があります。

【注意】 以下手順では、特定のファイルを削除する手順となっています。 ファイルを削除したくない場合、ファイルをデスクトップなど、異なるロケーションへ移動することでもリセットを行うことができます。 リセットを行っても問題が解決しない場合、移動したファイルを元の場所へ戻せば、設定を元に戻すことができます。

Live 11以降のLive

Live 11のリセット(Mac)

まず、Preferencesファイルを削除します。

    1. Liveを閉じてください。
    2. Finderメニューバーの [移動] を選択し、次に キーボードの Option キーを押したままにします。
    3. 表示される [ライブラリ] フォルダーを開きます。
    4. 下にスクロールして、 フォルダ"Preferences" > フォルダ"Ableton"を開きます。
      これで、通常は非表示の以下パスが開きます。 Users/[username]/Library/Preferences/Ableton (Macで隠しフォルダにアクセスする方法の詳細は、 こちらのページ で確認することができます。)
    5. Live 11.2.5 など、現在使用しているバージョンのLiveのフォルダを開きます。
    6. ファイル "Preferences.cfg" をゴミ箱にドラッグします。
    7. フォルダ "Undo" が存在する場合、削除します。

MacDeletePreferences.gif

次に、現在のテンプレートセットを削除します。

    1. Liveの ユーザーライブラリ を開きます。ユーザーライブラリは、デフォルトではUsers/[username]/Music/Ableton/User Library にあります。
    2. フォルダ "Templates" を削除します。

上記の手順の後、Liveを再起動してください。

Live 11以降のLiveのリセット(Windows)

    1. Liveを閉じてください。
    2. Windowsエクスプローラーのアドレスバー で、 %AppData% と入力します。
    3. 下向き矢印のマークをクリックし、 Users\[username]\AppData\Roaming を選択します。
    4. フォルダ "Ableton"を開きます。
    5. Live 11.2.5 など、現在お使いのバージョンのLiveフォルダーを見つけて開きます。
    6. ファイル "Preferences.cfg" を削除します。
    7. フォルダ "Undo" が存在する場合、削除します。

WindowsDeletePreferences.gif

次に、現在のテンプレートセットを削除します。

  1. Liveのユーザーライブラリを開きます。ユーザーライブラリは、デフォルトでは Users\[username]\Documents\Ableton\User Library にあります。
  2. フォルダ "Templates" を削除します。

上記の手順の後、Liveを再起動してください。

Live 10以前のバージョン

Live 10のリセット(Mac)

    1. Liveを閉じてください。
    2. Finderで次の隠しフォルダを開きます。
      Users/[username]/Library/Preferences/Ableton/Live x.x.x/
      “Live x.x.x”は、お使いのLiveのバージョンになります(例:Live 10.1.30)。
      【注意】 Macの隠しフォルダにアクセスする方法については、 こちら を確認してください。

    3. ファイル “Preferences.cfg” 、フォルダ “Undo” (Live 9の場合は “Undo.cfg” と表示されます)、ファイル “Template.als” (存在する場合のみ)を削除します。
    4. Liveを起動します。

Live 10のリセット(Windows)

    1. Liveを閉じてください。
    2. Windowsのエクスプローラーで次の隠しフォルダを開きます。
      Users\[username]\AppData\Roaming\Ableton\Live x.x.x \Preferences\
      “Live x.x.x”は、お使いのLiveのバージョンになります(例:Live 10.1.30)。
      【注意】 Windowsの隠しフォルダにアクセスする方法については、 こちら を確認してください。

    3. ファイル “Preferences.cfg” 、フォルダ “Undo” (Live 9の場合は “Undo.cfg” と表示されます)、ファイル “Template.als” (存在する場合のみ)を削除します。
    4. Liveを起動します。

Abletonでは、以下の学習リソースと詳細なヘルプが提供されています。: