MacでAU/VSTプラグインを使用する方法

AUとVST

Mac上でのLiveは、Audio Units(AU)とVST2の両フォーマットに対応しています。Live 10.1以降では、VST3にも対応しています。 どのフォーマットを使用してもかまいません。使用時には次の点に注意してください。

  • WindowsのユーザーとLiveのプロジェクトを共有する場合は、VSTの使用を推奨しています。 他のユーザーがそのプラグインをインストールしていれば、プロジェクトを開くことができます。 Liveのプロジェクトを他のコンピュータやユーザーへ転送する方法については、こちらを確認してください。
  • AUとVSTで、プリセット処理が異なる場合があります。 AUのプリセット処理については、こちらを確認してください。
  • AUプラグインから、直接MIDIを出力することはできません。 プラグインからMIDIを出力する場合は、そのプラグインのVST版を使用してください。 プラグインのMIDI出力にアクセスする方法については、こちらを確認してください。
  • Liveセットでは、同じプラグインのAU版とVST版を使用しないでください。

プラグインのインストール

一部のプラグインでは、インストーラーを使ってプラグインのインストールが行われます。他のプラグインはインストールを必要としませんが、ダウンロード後に適切なフォルダへプラグインのファイルを移動する必要があります。 AUプラグインのファイルには、“ .component”という拡張子が付きます。 VST2プラグインとVST3プラグインの拡張子は、それぞれ“.vst”と“.vst3”です。

次のシステムフォルダは、初期設定でプラグインのインストール先になっているMacのフォルダです。

  • Macintosh HD:/Library/Audio/Plug-Ins/Components/ (AU)
  • Macintosh HD:/Library/Audio/Plug-Ins/VST/ (VST 2)
  • Macintosh HD:/Library/Audio/Plug-Ins/VST3/ (VST 3)

特定のプラグインは自動的にユーザーフォルダにインストールされることがあります。初期設定では、このユーザーフォルダが非表示になっています。隠しフォルダにアクセスする方法については、こちらを確認してください。

  • Macintosh HD:/Users/[Your Username]/Library/Audio/Plug-Ins/Components/ (AU)
  • Macintosh HD:/Users/[Your Username]/Library/Audio/Plug-Ins/VST/ (VST 2)
  • Macintosh HD:/Users/[Your Username]/Library/Audio/Plug-Ins/VST3/ (VST)

Liveの“環境設定”ウィンドウで[Plug-ins]タブを開くと、AU、VST2、VST3に使用するシステムフォルダの有効/無効を切り替えられます。

1.png

プラグインカスタムフォルダの使用方法

VSTプラグインを保存するカスタムフォルダ(システムフォルダ以外)を使用する場合は、“環境設定”ウィンドウで次の操作を行います。

  1. Liveの“環境設定”ウィンドウを開いて、[Plug-ins]タブに移動します。
  2. “プラグインソース”セクションで、VST2プラグインカスタムフォルダやVST3プラグインカスタムフォルダを選びます。
  3. [VST2プラグインカスタムフォルダ]や[VST3プラグインカスタムフォルダ]を“オン”にします。

【注意】カスタムフォルダには、システムフォルダから切り離されたフォルダを使用してください。 AUプラグインのカスタムフォルダは作成できません。

プラグインがLiveに表示されない場合の対処方法

VST/AUプラグインがLiveに表示されない場合の対処方法については、こちらを確認してください。

プラグインがLiveで正しく機能しない場合の対処方法

  • プラグインの製造元のウェブサイトで、お使いのOSと互換性のあるバージョンがあることを確認してください。
  • プラグインの製造元のウェブサイトで、最新バージョンのプラグインをインストールしていることを確認してください。 必要に応じて、プラグインを完全に再インストールしてください。

プラグインが原因でLiveがクラッシュした場合の対処方法

  • VSTプラグインをインストールしてLiveを起動中にクラッシュが発生する場合、Liveの起動中に[Option]キー(Mac)/[Alt]キー(Windows)を押したままにしてください。 VSTプラグインのスキャン処理が行われず、一時的にVSTフォルダが無効になります。 【注意】AUプラグインのスキャンはLiveの起動中に行われないため、この方法が適用されません。
  • AUプラグインがクラッシュの原因となっている場合は、そのプラグインをアップデートするか、一時的にアンインストールしてください。
  • クラッシュが引き続き発生する場合は、利用可能なクラッシュレポートサポート窓口へ送ってください。
  • ドライブ全体、システムフォルダ、もしくは、ハードドライブ全体をプラグインカスタムフォルダとして選択すると、Liveの起動時にクラッシュする原因になります。
  • プラグインフォルダには、必ずVSTとAUのファイルのみを入れてください。それ以外の種類のファイルは含めないでください。

チュートリアルビデオ

サードパーティー製プラグインの詳細については、こちらのチュートリアルビデオを確認してください。

参考記事