MacでAU/VSTプラグインを使用する方法

AUとVST

Mac上でのLiveは、Audio Units(AU)とVST2の両フォーマットに対応しています。Live 10.1以降では、VST3にも対応しています。 どのフォーマットを使用してもかまいません。使用時には次の点に注意してください。

  • WindowsのユーザーとLiveのプロジェクトを共有する場合は、VSTの使用を推奨しています。 VST形式はクロスプラットフォームです。 他のユーザーが同じバージョンのプラグインを使用している場合、そのユーザーはセットを開いて、同じプラグインを使用することが可能になります。 Liveのプロジェクトを他のコンピュータやユーザーへ転送する方法については、こちらを確認してください。
  • AUとVSTで、プリセット処理が異なる場合があります。 AUのプリセット処理については、こちらを確認してください。
  • AUプラグインから、直接MIDIを出力することはできません。 プラグインからMIDIを出力する場合は、そのプラグインのVST版を使用してください。 プラグインのMIDI出力にアクセスする方法については、こちらを確認してください。
  • Liveセットでは、同じプラグインのAU版とVST版を使用しないでください。

MacにVSTまたはAUプラグインをインストールする方法

1. 最新のインストーラーファイルをプラグインの製造とものウェブサイトからダウンロードして実行します。

2. ほとんどのプラグインはデフォルトのシステムフォルダにインストールされますが、稀に正しいフォルダに移動する必要がある場合があります。 デフォルトのシステムフォルダはこちらです。

  • Macintosh HD:/Library/Audio/Plug-Ins/Components/ (AU .component file extension)
  • Macintosh HD:/Library/Audio/Plug-Ins/VST/ (VST 2 .vst file extension)
  • Macintosh HD:/Library/Audio/Plug-Ins/VST3/ (VST 3.vst3 file extension)

一部のプラグインでは、“ユーザ”というフォルダへインストールが行われます。 初期設定では、このフォルダは表示されません。隠しフォルダにアクセスする方法を確認してください。

  • Macintosh HD:/Users/[Your Username]/Library/Audio/Plug-Ins/Components/ (AU)
  • Macintosh HD:/Users/[Your Username]/Library/Audio/Plug-Ins/VST/ (VST 2)
  • Macintosh HD:/Users/[Your Username]/Library/Audio/Plug-Ins/VST3/ (VST 3)

3. その他のにも、カスタムフォルダにプラグインをインストールすることも出来ます。(VST2およびVST3のみ)

4. インストールし終えたら、Liveを起動します。

5. Liveの[環境設定]を開く→ Plug-ins (Live10.1以降)/File Folder (10.1までの全てのLiveバージョン) →プラグインソース

1.png

6. 必要に応じて、Audio unitsフォルダまたはVST2 / VST3フォルダをアクティブにします。

7. プラグインを正しくインストールしてもLiveに表示されない場合は、専用の記事を参照してください。 VST/AUプラグインががLive表示されない