MacとLiveの互換性

  • 対象となるLiveのバージョン: Live 10 ~ 11
  • 対象となるOS:Mac

【注意】新しいOSにアップデートするときは、サードパーティー製プラグイン、ハードウェアドライバ、その他のお使いの全ソフトウェアプログラムが、そのOSと正式に対応するまで、アップデートをお控えください。

Appleシリコンとの互換性

UniversalビルドのLive 11.1は、Appleシリコンを搭載するコンピュータとIntelのCPUを搭載するコンピュータと互換性があります。 Live 11.1よりまえのバージョンのLive 11は、Rosettaを経由すれば、Appleシリコンを搭載するコンピュータと互換性がありますLive 10.1.42は、Rosettaを経由すれば、Appleシリコンを搭載するコンピュータと互換性があります

 

Live 11との互換性

 

Universalビルド

  • IntelのCPUを搭載したMac:macOS 10.14 “Mojave”macOS 12 “Monterey”
  • Appleシリコンを搭載したMac:M1/M1 Pro/M1 Max

Intelビルド

  • IntelのCPUを搭載したMac:macOS 10.13 “High Sierra”のみ

 

Live 10との互換性

 

Live 10.1.42は、macOS 10.11.6 “El Capitan”macOS 12 “Monterey”と互換性があります。

 

【注意】新しいOSにアップデートするときは、サードパーティー製プラグインやハードウェアドライバのほか、お使いの全ソフトウェアプログラムが、公式に対応していることを確認してください。 重要なデータについては、事前にバックアップを行うことを推奨しています。 また、緊急を要するプロジェクトに取り組んでいる場合は、その間、現在のOSで作業することを推奨しています。

Live 1 ~ 9の動作環境については、こちらのページで確認することができます。

Abletonでは、以下の学習リソースと詳細なヘルプが提供されています。: