ドライバエラー補正に関するよくあるご質問

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 9.2以降
  • 対象となるOS:すべて

ドライバエラー補正って何ですか?

オーディオインターフェースは、特定のレイテンシーの値をLiveに伝達します。 録音中のトラックの[Monitor]が[Off]に設定されていると、そのレイテンシーの値で音声やMIDIの録音が調節されます。 ただし、一部のオーディオインターフェイスでは、不正確なレイテンシーが伝達されることがあります。 この不正確なレイテンシーは、Liveのドライバエラー補正を使うことで調整することができます。 設定は、Liveの環境設定画面のタブ[Audio]で行います。

Driver_Error_Compensation.png

どんなときにドライバーエラー補正を使用すればいいですか?

録音している音声がモニターしている音声とずれている場合、通常、ドライバーエラー補正の値を調節する必要があります。 次の画像は、LiveのMIDIクリップでドラムマシンのハイハットを鳴らして、その音声をLiveで録音したものです。 録音した音声がずれていることがわかります。

Screenshot_2019-03-15_at_16.17.40.png

再生中にLiveでレイテンシーが発生します。ドライバーエラー補正を調節する必要がありますか?

いいえ。 ドライバエラー補正を調節すると、環境設定画面のタブ[Audio]で[入出力レイテンシー]があらためて算出されます。ただし、ドライバーエラー補正を調節しても、再生時にLiveで発生する全体のレイテンシーは変化しません。 ドライバーエラー補正は、録音される音声とMIDI信号にのみ適用されます。 再生中のレイテンシーを軽減するには、こちらのページを確認してください。

ドライバーエラー補正の適切な値を計算するには、どうすればいいですか?

Liveに付属するレッスンでは、ドライバエラー補正を設定するための具体的な測定方法を案内しています。 レッスンでは、音声ケーブルとオーディオインターフェース(少なくとも入出力が1系統以上)を用意してください。 レッスンは、Liveのヘルプビューで確認できます。次の順に移動してください。

メニュー[ヘルプ] → [ヘルプビュー] → [オーディオI/O] → レッスンの18ページ目 の[ドライバエラー補正]をクリック

ドライバーエラー補正の値を調節したのに、録音がずれるのはなぜですか?

ドライバエラー補正が適用されるのは、録音中のトラックの[Monitor]が[Off]に設定されているときのみです。[Monitor]が[In]や[Auto]に設定されているトラックでモニターと録音を同時に行う場合、ドライバエラー補正による効果が発生しません。

どんなオーディオインターフェースだと、ドライバーエラー補正が必要になりますか?

コンピュータへ接続するときに別途ドライバを必要としないクラスコンプライアント(もしくはプラグアンドプレイ)と呼ばれる機器があります。 通常、クラスコンプライアントで使用する機器では、ドライバーエラー補正が必要になります

一方、製造元の純正ドライバを必要とするオーディオインターフェイスは正確なレイテンシーの値を伝達します。純正ドライバで使用する機器では、ドライバーエラー補正を調整する必要はありません

ドライバーエラー補正は、正の値と負の値のどちらに設定すればいいですか?

ドライバエラー補正を正の値と負の値のどちらに設定すればいいかは、相殺するレイテンシーによって変わります。

バッファサイズやサンプルレートの設定によって、ドライバーエラー補正を調節する必要がありますか?

ドライバエラー補正の適切な値は、バッファサイズとサンプルレートによって変わります。 バッファサイズやサンプルレートを変更する場合は、ドライバエラー補正の値を再計測して調節する必要があります。

ドライバーエラー補正の標準的な値は、どれくらいですか?

ドライバーエラー補正に標準的な値は存在しません。これは、オーディオインターフェースと音声設定によって変わるためです。 通常、レイテンシーはおよそ“+/- 1ミリ秒~20ミリ秒”です。 ドライバーエラー補正を20ミリ秒より高い値に設定している場合、何かしらの問題が発生する可能性があります。 録音がすれてお困りの場合は、Abletonのサポート窓口までお問い合わせください。