macOS 10.15 “Catalina”でLiveセットを読み込むとサンプルが見つからなくなる

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 10.1.2以降
  • 対象となるOS:macOS 10.15 “Catalina”

macOS 10.15 “Catalina”では、アプリケーションがフォルダやディレクトリを参照するとき、通常、権限が必要になります。この権限が完全にLiveへ与えられていない場合、サンプルなどのメディアファイルがLive上で見つからなくなります。この問題は、[すべてを集めて保存]を使ってプロジェクトフォルダにサンプルを保存している場合でも発生します。

Bildschirmfoto_2020-08-26_um_17.45.48.png

この問題を解決するには、システム環境設定でフルディスクアクセスをLiveに与えます。

  1. 次の順に移動します。
    システム環境設定セキュリティとプライバシープライバシー
  2. 画面左下にあるカギのアイコンをクリックしてロックを解除します(パスワードが必要です)。
  3. “フルディスクアクセス”を選択します。
    Screenshot_2020-08-27_at_14.16.41.png
  4. 画面中央にあるボタン[+]を押して、権限を与えるアプリケーションとしてLiveを追加します。
  5. カギのアイコンをクリックして、ふたたびロックします。権限の変更を反映するには、Liveを再起動してください。

【注意】上記の手順にそって操作しても問題が解決しない場合は、こちらのページの案内にそって操作を行ってください。