遠距離でのコラボレーションに最適な方法

対象となるLiveのバージョン:すべて
対象となるOS:すべて

距離の離れたLiveユーザーとの音楽制作では、スムーズに作業できない場合があります。 このページでは、他のユーザーと遠距離でコラボレーションする際のポイントとテクニックをまとめています。

全般的なアドバイス

  1. コラボレーションを始めるまえに、全員が同じエディションのLive(Intro/Standard/Suite)を使っていることを確認してください。 違うエディションの場合は、こちらのページの案内にそって、どのエディションでも利用できるLiveセットを作成します。 この方法が煩雑だと感じられる場合は、オーディオステムを送り合うことを検討してください。
  2. 相手から受け取ったLiveセットで「メディアファイルが見つかりません」というエラーメッセージが表示される場合、相手にこちらのページの内容を確認してもらい、ファイルの再送信を依頼してください。
  3. こちらのページに掲載されている“シナリオ1”の手順にそって、別のコンピュータへLiveセットを転送する準備を整えてください。
  4. 複数のコンピュータ間でひとつのLiveプロジェクトを同期する場合、そのLiveプロジェクトを複数のコンピュータで同時に開くのではなく、1台のコンピュータで開くようにしてください。 相手のLiveプロジェクトのアップロードが完了していることを確認してから、自分のコンピュータへダウンロードを行ってください。ダウンロードが完全に行われたことを確認したうえで、ファイルを開きます。古いバージョンのファイルとの混同に気を付けてください。

方法1:Splice Studio経由でファイルの同期を行う

Splice Studioは、 ミュージシャンのためのクラウドストレージプラットフォームです。 遠距離でコラボレーションをしたいと考えているミュージシャンにとって、もっともシンプルで安く、信頼性の高い方法だとAbletonは判断しています。

詳細については、こちらのページで確認することができます。

方法2:ファイルを送り合う

多くの場合、制作したファイルを送り合うことがもっとも実用的です。 ただし、Liveプロジェクトのサイズは概して平均的に大きく、メール添付に不向きです。 こうした場合には、以下のサービスを使用して相手にファイルを送信する方法があります。

  • WeTransfer(無料版は最大2GBのアップロード制限あり)
  • pCloud転送(無料版は最大5GBのアップロード制限あり

方法3:Cloud Storage経由でファイルを送信/同期する

もっともシンプルにコラボレーションを行えることが多いのは、この方法です。ただし、パフォーマンスやファイル索引でエラーが発生しやすい一面があります。 こういったリスクとその回避方法については、こちらのページを確認してください。

方法4:DAW内部で動作するコラボレーションツールを使う

DAW内部で動作する遠距離コラボレーション用のデバイスが開発されています。

方法5:Screen Shareでコラボレーションする

高速インターネット回線に接続されているユーザー同士であれば、 TeamViewerSkypeZoom*などの画面共有可能なアプリケーションにLiveの音声入出力を接続することができます。

ただし、そうしたアプリケーションはレイテンシーをはじめ、ステレオ像や外部接続の問題を引き起こすことが多く、それを補うためにアプリケーションに関する深い知識が求められます。 そのため、多くの場合、発生する問題はAbletonのサポート対象外になります。

*【ポイント】Zoomでステレオ音声を有効にする方法