Liveでのモニタリング関するFAQ

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

モニタリングとは?

Liveでのモニタリングとは、選択した入力ソース(オーディオトラックのオーディオ入力、もしくはMIDIトラックのMIDI入力)から音声信号を受診し、その信号をエフェクトで処理し(必要な場合)、その信号をトラックの出力に渡すことで、スピーカーやヘッドフォンで聴くことができます。

モニタリングはどのような場合に役立ちますか?

  • MIDIキーボードを使用して、Liveインストゥルメントまたは、プラグインで音符を演奏するとき。
  • マイクを通して歌って、Liveで、エフェクトをボーカルに用いるとき。
  • エレキギターを接続し、演奏中にアンプシミュレーションプラグインを使用するとき。
  • 外部ハードウェアの使用方法.

これらは、モニタリング可能なアプリケーションのほんの一部です。

モニタリングにはレイテンシーが生じますか?

はい - コンピュータベースの環境のし音声信号には、ある程度のレイテンシーが発生します。 このレイテンシーは、音声信号がコンピュータに入り、ソフトウェアを通り、スピーカーまたはヘッドフォンに戻ってくるまでにかかる時間です。 レイテンシーは可能な限り削減できますが、完全に排除することはできません。 レイテンシーの入門編は、こちらからご覧ください。

Liveでモニターリングするにはどうすればよいですか?

  • LiveのI/Oセクションを開きます。
  • 最初にドロップダウンの中から入力ソースを選択します。オーディオトラックの「オーディオフォーム」、MIDIトラックの「MIDIフォーム」
  • モニターが「入力」に設定されている場合、選択したソースから再生信号が常に聞こえます。
  • 「自動」に設定されている場合は、トラックが録音用になっている場合のみ、聞こえます。

Screen_Shot_2019-06-21_at_09.55.21.png

 

 

モニターを「オフ」に設定する場合

  • ダイレクトモニタリングを使用している場合。 ダイレクトモニタリングは、特定のオーディオインターフェースの機能で、インターフェイスを介して直接モニタリング出来るため、レイテンシーを減らすことができます。
  • 外部のミキシングデスク経由でモニタリングしてる場合。
  • モニタリングを必要とせずにすでにソースを聞くことができる場合(例: アコースティックギター、またはご人身の声)。
  • すでに、Liveセットの別のトラックを介してソースをモニタリングしていて、同じ音声信号を別のトラックに録音している場合です。 例えば、外部のハードウェアを使用し、こちらの記事で説明されているようにオーディオを別のトラックに直接録音する場合です。:外部のハードウェア

モニターを「In」または「Auto」に設定する場合

  • Liveを介してモニターする場合。
  • 再生/録音中にモニタリングされたエフェクト付きの音声信号を処理する場合です。
  • 他にモニタリングする方法がない場合です。(ダイレクトモニタリングとのインターフェースなし、外部ミキシングデスクなし)

録音が同期されないのはなぜですか?

トラックモニターが「In」または「Auto」に設定されている状態で録音を始めると、録音したオーディオまたはMIDIは、再生した音源と全く同じタイミングと配置で再生されます。 バッファサイズまたはサンプルレートの大きさ、およびセット内のレイテンシーが起こりやすいデバイズの数により、録音されたノートまたはオーディオがセット内の残りのクリップに対してオフセットされる可能性があります。 手で演奏している場合、タイミングはすでにかなり緩い感じになるので、通常、違いはそれほど感じられません。 ただし、固定ソースからの録音をしてる場合(例: 量子化されたパターンを再生するハードウェアシンセ、またはドラムマシン)、オフセットはおそらくかなり顕著になります。 そのような場合は、代わりにモニターを「オフ」に設定することをおすすめします。

モニターが「オフ」に設定されている場合、Liveは、オーディオ設定の「入出力レイテンシー」セクションで録音された素材を正確な量だけオフセットすることにより補正します。