Live 10.1:ズーム/画面表示の操作性向上(アレンジメントビュー)

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 10.1以降
  • 対象となるOS:すべて

Live 10.1では、これまで以上にズーム操作と画面表示操作を行いやすくなりました。

【注意】ショートカットキーを使用するには、MIDIキーボード機能を必ず無効にしてください。

Screenshot_2019-02-05_at_17.59.00.png

[H]キー

  • アレンジメントビューで[H]キーを押すと、すべてのトラックが均等の高さで縦幅全体に配置されます。
  • 詳細ビューで[H]キーを押すと、ノートの入力されている範囲が縦幅に収まるように表示されます。
  • MIDIマッピング可能な[H]ボタンが、アレンジメント・オーバービューの隣に追加されました。

    Screenshot_2019-02-05_at_17.29.22.png

[W]キー

  • アレンジメントビューで[W]キーを押すと、画面内に収まるように楽曲全体が表示されます。
  • 詳細ビューで[W]キーを押すと、可聴範囲が横幅に収まるように表示されます。
  • MIDIマッピング可能な[W]ボタンが、アレンジメント・オーバービューの隣に追加されました。

[Z]キー/[X]キー

  • アレンジメントビューで[Z]キーを押すと、選択範囲を表示可能領域いっぱいにズームします。
  • アレンジメントビューで[X]キーを押すと、ひとつ前の表示率までズームアウトします。この操作は、最初の表示率になるまで繰り返し行えます。
  • [Z]キー/[X]キーを使ったズーム操作は、MIDIノートエディタでも行えます。

[+]キー/[-]キー

  • アレンジメントビューで[Option + “+”]キー/[Option + “-”]キー(Mac)を押すと、トラックの縦幅が変わります(Windowsの場合は[Alt+ “+”]キー/[Alt + “-”]キー)。
  • 詳細ビューで[Option + “+”]キー/[Option + “-”]キー(Mac)を押すと、オートメーションレーンの縦幅が変わります(Windowsの場合は[Alt + “+”]キー/[Alt + “-”]キー)。

[F]キー

  • オートメーションモードで[F]キーを押している間は、クリップのフェードハンドルが表示され、変更が可能になります。

[S]キー

  • セッションビューとアレンジメントビューで[S]キーを押すと、選択中のトラックをソロにします。

[U]キー

  • アレンジメントビューで[U]キーを押すと、選択中のトラックを展開します。
  • アレンジメントビューで[Option + “U”]キー(Mac)を押すと、同系統のトラックをすべて展開します(Windowsの場合は[Alt + “U”]キー)。

矢印キー

  • アレンジメントビューを矢印キーで移動するとき、選択したトラックを表示したまま画面がスクロールします。

ピンチ操作でズーム

  • アレンジメントビューで[Option]キー(Mac)/[Alt]キー(Windows)を押したままピンチ操作を行うと、アレンジメントビューをズームします。
  • MIDIノートエディタで[Option]キー(Mac)/[Alt]キー(Windows)を押したままピンチ操作を行うと、MIDIノートエディタをズームします。

Macでのピンチ操作

現在のピンチ操作対応機種では次のように動作します。

  • コンピュータ内蔵型トラックパッドと外付けトラックパッドを含むMacの全トラックパッドで、ピンチ操作によるなめらかなズームを行えます。

Windowsでのピンチ操作

現在のピンチ操作対応機種では次のように動作します。

  • Windowsタッチスクリーン(Surface Book Proなど)で、ピンチ操作によるなめらかなズームを行えます。
  • 高精度タッチパッドを搭載したWindows機で、ピンチ操作によるズームを行えますが、 なめらかな変化ではなく、[+]キーや[-]キーでズームを行うときのような段階的な変化になります。 これは、オペレーションシステムの制約によるものです(タッチパッドに触れる操作がWindowsでは一定間隔で処理されるため)。

【注意】Windowsの非高精度タッチパッドは、ピンチ操作に対応していません。

アレンジメント・オーバービューの改良

  • アレンジメント・オーバービューのサイズを変更できるようになりました。
  • セッションビューでは、オーバービューが視覚的に配置され、アレンジメントビューの全体像が表示されます。

クリップの視認性向上

  • アレンジメントビューでクリップの枠線の調節や配色方法の調整を行い、クリップのグラフィック表示が見やすくなりました。
  • MIDIクリップ内で使われているノート数が少ない場合、アレンジメントビューにノートが大きく表示されて見やすくなりました。

参考記事

Live 10.1の新機能