macOSをアップデートしたあとに録音ができなくなった

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 9 ~ 10
  • 対象となるOS:macOS 10.14以降

macOS 10.14 “Mojave”以降のOSでは、音声入力にアクセスする許可をすべての音声アプリケーションに与える必要があります。 このことに関する通知は、お使いのOSをアップデートしてから初めてLiveを起動するときに表示されることがあります。

Screenshot_2018-11-19_at_16.54.55.png

通知が表示された場合は、[OK]をクリックして音声入力を有効にしてください。

【注意】通知では“マイク”(microphone)という言葉が使われていますが、[OK]をクリックするとマイクだけではなくすべての音声入力(内蔵マイク、USBマイク、外部オーディオインターフェースの全入力)が有効になります。

[許可しない]をクリックした場合でも、システム環境設定でアクセス許可を与えることができます。

  1. Liveを終了します。
  2. 次の順に移動します。
    [システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]>[マイク]

    Bildschirmfoto_2020-04-08_um_13.03.30.png

  3. 表示される一覧で“Ableton Live”の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。
  4. Liveを起動します。
  5. 音声入力が適切に機能します。

【注意】

この操作は、iPadからの音声を入力するときにも適用されます。操作を行わない場合、iPadは無音になります。

参考記事

Appleのページ「macOS Mojave のインストール後にオーディオを録音できなくなった場合」でも、同じ問題について説明されています。