オーディオファイルからLiveのテンポ変更設定(テンポマップ)を抽出する

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

Liveは、ほかのDAWへテンポマップを書き出す機能に対応していません。 ただし、オーディオファイルからテンポマップを作成する機能がDAWに備わっている場合は、次の解決策が考えられます。

  1. MIDIトラックを作成して、非常にアタックの短い単発の打楽器音を入れたDrum Rackを加えます(例:リムショット、ハイハットなど)。
  2. 空のMIDIクリップを作成し、1拍ごとに4分音符を打ち込みます。
  3. MIDIクリップの右端をドラッグして、曲の最後までMIDIクリップを引き延ばし、テンポが変わる場面をすべて含めます。
  4. [オーディオ/ビデオをエクスポート]で、MIDIクリップをオーディオファイルとして書き出します。
  5. 書き出したオーディオファイルをほかのDAWに読み込みます。 オーディオファイルからテンポマップを作成する機能を使うと、LogicやPro Toolsのほか、同機能を備えたDAWのプロジェクトファイルで、Liveと同じようにテンポが変わるようになります。

参考記事

テンポマップを読み込む