高画素密度モニター(HiDPI)への対応(Windows)

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 9 ~ 10
  • 対象となるOS:Windows

Live 10のHiDPIモード

Live 10は、Windows 10を搭載したコンピュータでのHiPDIに最初から対応しています。 環境設定画面のタブ[Look/Feel]にある[HiDPIモードを有効にする]で、HiDPIモードの有効/無効を切り替えられます。

プラグインウィンドウを自動縮尺

HiDPI対応ディスプレイでLiveを使用するとき、プラグインの縮尺表示を無効にしなければならない場合があります。

無効にする方法は2種類あります。

方法1: プラグインのタイトルバーを右クリックして[プラグインウィンドウを自動縮尺]を無効にします。

Autoscale_Plugin_WIndow.PNG

方法2: Liveのブラウザーセクションでプラグインを右クリックして[プラグインウィンドウを自動縮尺]を無効にします。Autoscaling_Plugins.PNG

HiDPI対応ディスプレイでLive 9を使用する

Live 9は、HiDPIに対応していません。Windowsの表示サイズ設定が“100%”以外に設定されている場合(Windows 7)や、“小”以外に設定されている場合(Windows 8、Windows 10)は、Live 9がぼやけて表示されることがあります。

  • Windowsのスタートメニューを開き、表示されるLiveのアイコンを右クリックして、[プロパティ]を選びます。
  • タブ[互換性]を開きます。
  • [高 DPI 設定では画面のスケーリングを無効にする]のチェックボックスにチェックを入れます。
  • [適用]をクリックします。

HiDPI.JPG

注意】この方法を適用すると、Liveでプラグインウィンドウの表示が小さくなります。