Liveの起動が遅い/起動時にフリーズする場合

  • 対象となるLiveのバージョン: Live 8 ~ 10
  • 対象となるOS:すべて

通常、Liveは3~10秒で起動します。お使いのコンピュータが遅くなっている場合は、もう少し起動に時間がかかることもあります。 必要以上に時間がかかる場合は、次の手順を試してください。

1. Liveをリセットする

Liveをリセットすることで、起動時間を遅くする原因(環境設定、プラグインフォルダのパス、テンプレートセット)を削除します。 Liveのリセット方法はこちらを確認してください。

2. 「Liveは応答していません」と表示される場合

「Liveは応答していません」と表示され、Liveがまったく起動しない場合、接続している周辺機器が原因として考えられます。

  1. コンピュータを完全にシャットダウンします。
  2. USB、Firewire、Thunderboltに接続しているすべての周辺機器を取り外します(オーディオインターフェース、ハブ、外付けハートディスク、プリンターなど)。
  3. コンピュータを起動します。
  4. Liveを起動します。
  5. Liveが起動できた場合は、Liveを終了し、ひとつずつ周辺機器を接続するたびにLiveの起動を試してください。

原因になっている周辺機器を特定したら、次のことを行ってください。

  1. 周辺機器の接続に使用しているケーブルを変更します。 必ずフェライトビーズの付いている高品位ケーブルを使用します。
  2. ハブを使用している場合は、ハブを経由させずに周辺機器をコンピュータへ直接接続します。
  3. 周辺機器のドライバとファームウェアがアップデートされていることを確認してください(該当する場合)。
  4. 必要に応じて、ドライバを再インストールします。
  5. Liveが引き続き起動しない場合は、周辺機器の製造元のサポート窓口にお問い合わせください。

3. Liveの起動に時間がかかる場合

大容量のデータベース:ブラウザー内の[場所]セクションへ追加したフォルダに入っているファイルが非常に大きい場合、起動が遅くなることがあります。ハードディスク全体を[場所]へ追加するのではなく、個別のフォルダを追加してください。 [場所]の追加や管理の方法については、こちらにまとめています。

互換性のないMIDIドライバ(Mac):他のソフトウェアで使用していた古くなったMIDIドライバをお使いの場合、そのドライバを初期化中に、すべてのMIDIアプリケーションがフリーズすることがあります。 古くなったMIDIドライバがLiveの起動中にフリーズを起こすことについては、こちらにまとめてあります。

参考記事

クラッシュのトラブルシューティング