Liveを起動するたびにオーソライズが行われる場合(Mac)

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 9.1以降
  • 対象となるOS:Mac

Liveを起動するたびにオーソライズのダイアログウィンドウが表示されるのは、ふたつの場合が考えられます。

  1. 単一ユーザー環境でLiveを使用していて、macOS 10.13 “High Sierra”以降のOSにアップグレードした場合。

  2. 複数のユーザーがLiveを使用する環境(大学の研究室など)で、Liveの“Unlock.cfg”ファイルがローカルライブラリにコピーされ、Liveの前バージョンが1台のMacの全ユーザーにオーソライズされている場合。

それぞれの場合の解決方法は次のとおりです。

【注意】「Ableton Live 9が変更を加えようとしています。これを許可するには、パスワードを入力してください」というエラーメッセージが表示される場合は、こちらのページ を確認してください。

1. 単一ユーザー環境でLiveを使用していて、macOS 10.13 “High Sierra”以降のOSにアップグレードした場合。

問題を解決するには、“Options.txt”ファイルでオーソライズのメソッドを変更する必要があります。

  1. 次の場所にある隠しフォルダへ移動します。
    /Users/[username]/Library/Preferences/Ableton/Live x.x.x/ ※“x.x.x”の部分には、お使いのLiveのバージョン番号を入力してください。
    隠しフォルダにアクセスする方法については、こちらのページを確認してください。
  2. “Options.txt”ファイルを開き(存在する場合)、“-ChallengeMethod=2”と書かれている行へ移動します。
  3. “-ChallengeMethod=2”を“-ChallengeMethod=3”に変更します。
  4. “Options.txt”ファイルが存在しない場合は、“Options.txt”ファイルを新規作成して手順3の“-ChallengeMethod=3”を入力します。
  5. “Options.txt”ファイルを保存します。
  6. Liveを起動します。
  7. ここでオーソライズを行えば、次にLiveを起動するときにはオーソライズを求められなくなります。

2. 複数のユーザーがLiveを使用する環境で、Liveの“Unlock.cfg”ファイルがローカルライブラリにコピーされ、Liveの前バージョンが1台のMacの全ユーザーにオーソライズされている場合。

問題を解決する方法は、ふたつあります。

A. Finderで次の場所へ移動します。

Macintosh HD:/Users/[Username]/Library/Application Support/Ableton/

Liveの前バージョンの“Unlock”フォルダを、お持ちの最新バージョンのフォルダへコピーします(例:Live 10.0.1の“Unlock”フォルダを、Live 10.0.2のフォルダへコピーします)。

【重要】このフォルダはLiveによって自動的にユーザーライブラリへ作成されます。初期設定では、ユーザーライブラリが表示されません。 Macの隠しフォルダにアクセスする方法については、こちらのページを確認してください。

B. Finderで次の場所へ移動します。

Macintosh HD:/Library/Application Support/Ableton/

【重要】この“Ableton”フォルダはLiveによって自動的に作成されることはありません。自分で作成している場合にかぎり、存在します。 作成場所は、ユーザーライブラリではなく、ローカルライブラリです。

“Ableton”フォルダを別の場所(デスクトップなど)へ移動します。 “Ableton”フォルダを削除する場合は、ユーザーの作成したデータがフォルダに含まれていないことを必ず確認してください。