Push 1のファームウェアをアップデートする

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 9.0以降
  • 対象となるOS:すべて

Push 1のファームウェアをアップデートするにはどうすればいいですか?

最新ではないファームウェアを使っている場合、Push 1を接続するとLiveからファームウェアのアップデートを求められます。 何も起こらない場合は、ファームウェアが最新の状態です。

一般的なトラブルシューティングのポイント

アップデートの途中で問題が発生しても慌てる必要はありません。 Push 1のファームウェアはいつでも復元可能です。 エラー発生の可能性を減らすポイントとして、一般的に次のものが考えられます。

  1. 接続するMIDI機器をPush 1だけにします。
  2. コンピュータのバッテリーが残り少ないときは、アップデートを実行しないでください。
  3. USB接続が安定していることを確認します。 長すぎるケーブルは使わないようにします。 望ましいのは、USBハブを経由させずにPush 1を直接コンピュータに接続することです。

Push 1のディスプレイにエラーメッセージが表示される場合

ファームウェアのアップデート中やアップデート後に、Push 1のディスプレイにエラーメッセージが表示される場合は、次の手順にそって操作を行ってください。 Push 1のディスプレイに何も表示されない場合は、後述の「Push 1のディスプレイに何も表示されない場合」を参照してください。

【注意】Windows 8とWindows 10では、次の手順にそって操作を行うまえにLiveを再起動してください。

  1. Push 1の電源を切り、ふたたび電源を入れます。
  2. エラーメッセージの案内にそって、Push 1のボタン[Select]を押します。
  3. しばらくすると、ファームウェアをアップデートするための案内がLiveに表示されます。
  4. Push 1のディスプレイに表示された案内にそって、Push 1のボタン[Select]を押します。

Push 1のディスプレイに何も表示されない場合

ファームウェアのアップデートにエラーが起きた場合、Push 1がまったく動作しなくなることがあります。 この場合、Push 1の電源を入れてもディスプレイに何も表示されず、LEDもすべて光らなくなります。 これを修復するには、次の手順にそって操作を行ってください。

【注意】Windows 8とWindows 10では、次の手順にそって操作を行うまえにLiveを再起動してください。

  1. Push 1の電源を切ります。
  2. Push 1のボタン[Shift]を押さえたままにします。
  3. [Shift]を押さえたままPush 1の電源を入れます。引き続き[Shift]を押さえたままにします。
  4. しばらくすると、ファームウェアをアップデートするための案内がLiveに表示されます。
  5. Push 1のディスプレイに表示された案内にそって、Push 1のボタン[Select]を押します。
  6. [Shift]から手を離します。

どこでPush 1のファームウェアのバージョンを確認できますか?

起動しているLiveをすべて閉じて、Pushの再生ボタン[▷]を押したままPush 1の電源を入れると、Push 1のディスプレイ右下にファームウェアのバージョン情報が表示されます。

変更履歴

【注意】次のファームウェアのバージョン以外は、すべて内部リリースです。

ファームウェアバージョン 1.16(Live 9.2以降で使用可能)

タッチストリップがモジュレーション・ホイールの操作に対応しました。
  チャンネル・アフタータッチが作動するしきい値を調節できるようになりました。

ファームウェアバージョン 1.13(Live 9.1以降で使用可能)

  • 軽微な技術的変更を行いました。

ファームウェアバージョン 1.10(Live 9.0.6以降で使用可能)

  • 特定の環境下で液晶ディスプレイに生じる不具合を回避するため、液晶ディスプレイのコントラストを変更しました。 これにより、見る角度によってディスプレイの視認性が変化することがあります。
  • 1台のコンピュータに複数台のPushを接続するときの問題を修正しました。

ファームウェアバージョン 1.05(Live 9.0以降で使用可能)

  • 最初の製品版リリースです。