エラーメッセージ「ファイルを読み込めませんでした。 破損しているかライセンスに問題があります」

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

特定のオーディオファイルやビデオファイル、またはLiveのプリセットを読み込もうとすると、このエラーメッセージがLiveのステータスバーに表示されることがあります。 ただし、実際には別の原因でこのエラーメッセージが表示されることもあるため、注意が必要です。

Screenshot_2020-10-20_at_08.50.00.png

1. アンロックしていないPackのファイルを使用している

新たにダウンロードしたPackから、サンプルやプリセットを開こうとしたときにこのエラーメッセージが表示される場合、Liveを再オーソライズしてPackをアンロックする必要があります。 再オーソライズの完了後は、該当するサンプルやプリセットを開くと正常に読み込まれます。

2. macOSで使用しているLiveのバージョンが古い

Live 10.1.1以前のLiveをmacOSで使用する場合、MP3のデコード、ビデオの再生、およびビデオのエクスポートに、OTKit(QuickTime)が用いられます。 32ビットから64ビットのテクノロジーに移行する一環として、AppleはQTKitのサポートを完全に終了しました。すべての圧縮オーディオファイル( MP3、M4A、FLACなど)のデコードでは、現在、QTKitに代わってAVFoundationが用いられています。 macOS High Sierra、mac OS Mojave、もしくはmacOS Catalina以降のMacを使用している場合、Live 10を最新版にアップデートすることで、この問題が解決します。

3. Windowsで必要なコーデックをインストールする必要がある

圧縮オーディオファイルをWindowsでデコードするにあたり、Liveは、サードパーティー製のコーデックを使用します。 サードパーティー製のコーデックは、初期状態のWindowsに付属していません。

  • Liveの64ビット版をお使いの場合は、こちらのページで推奨されているビデオコーデックを1種類ダウンロードしてください(ビデオコーデックには、オーディオコーデックも含まれています)。
  • Windows 7でLiveの32ビット版をお使いの場合は、圧縮オーディオファイル(MP3など)のデコードにQuickTimeが用いられます。 QuickTimeが最新版であることを確認してください。 こちらのページから、Windows用のQuickTimeの最新版をダウンロードしてインストールすることができます。
  • Windowsの一部のエディション(Windows Nと Windows KN)には、Windows Media Playerとその関連コーデックが付属していません。 Media Feature Packをインストールする必要があります。
    Media Feature Pack(Windows 8)
    Media Feature Pack(Windows 10)

4. 完全にデコードしたときにファイルサイズが2GBを超える

Liveで扱えるファイルサイズの上限は2GBです。 圧縮オーディオファイルのファイルサイズが2GBをはるかに下回る場合でも、圧縮オーディオファイルをLiveで開くときにロスレス音源へ完全にデコードされ、ファイルサイズが2GBの上限を超えることがあります。 その場合は、Audacityなどのサードパーティー製アプリでデコードし、小さなファイルに分割してからLiveへ読み込みます。

5. デコードキャッシュの最小空き容量がストレージの容量よりも大きい

Liveの環境設定で[最小空き容量]の値を、使用可能なストレージの容量よりも大きく設定すると、このエラーメッセージが表示されます。 その場合は[最小空き容量]の値を、ストレージの空き容量よりも小さい値に設定してください。 [最小空き容量]は、Liveの環境設定画面のタブ[File/Folder]にあります。

Prefs_FileFolder_MinimumFreeSpace.png

6. ファイルが破損している

お持ちのメディアプレーヤーでファイルを再生できるか試すことで、ファイルが破損しているか確認できます。

7. ファイルにDRM保護がかかっている

iTunesで購入したM4Aファイルを筆頭に、一部のオーディオファイルには、DRM保護がかけられています。 DRMは、著作権を保護するための方式であるため、保護されたファイルをLiveに読み込むことはできません。

8. ファイル形式に対応していない

Liveはさまざまなオーディオファイルの形式に対応していますが、一部の形式には対応していません。特定のサンプルレートとピッドデプスでのみ対応している形式もあります。 たとえば、Apple Lossless(ALAC)のM4Aファイルでは、44.1kHz/16bitのみに対応しています。

こちらのページでは、Liveで対応しているオーディオファイルの形式の一覧を確認することができます。

ファイルの読み込み中に発生する可能性のあるその他の問題