64ビット版と32ビット版に関するよくあるご質問

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 8 ~ 9
  • 対象となるOS:すべて

Liveの64ビット版と32ビット版では、どちらがおすすめですか?

64ビット版のLiveを使うことを推奨しています。 Live 9をもって、32ビット版の提供を終了しています。 32ビットに対応する最後のバージョンはLive 9.7.7です。このバージョンは、Abletonでお使いのアカウントから引き続きダウンロードできます。

32ビットのOSを搭載したコンピュータでは、32ビット版のLiveしか使用できません。

Liveの32ビット版と64ビット版では、何が違いますか?

“32ビット”と“64ビット”という言葉は、アプリケーションに使用可能な、コンピュータのメモリ(RAM)の量を示しています 32ビットのその他のアプリケーションと同じく、32ビット版のLiveも最大4GMのRAMを使用できますが、最大4GBでは、大容量のサンプルコレクションやメモリ使用量の多いプラグインを使えない場合があります。

対照的に64ビット版のLiveでは、理論上、最大16EB(エクサバイト)のRAMを使用できます。これは、一般のコンピュータに搭載されているRAMよりもはるかに大きい数値です。 このため、64ビット版では、さらにメモリ負荷の高い大容量のLiveセット(サードパーティー製プラグインの使用や、ReWireの設定を含む)で作業できるようになります。

64ビットのOSでは、32ビット版のLiveよりも64ビット版のほうが性能に優れていますか?

32ビット版と64ビット版では、CPU処理に違いはありません。ただし、32ビット版の使用時にメモリ不足によるクラッシュが慢性的に発生するようになったため、安定性の増した64ビット版の使用を推奨しています。

64ビット版のLiveを使うにはどんな動作環境が必要ですか?

64ビット版のLiveを使用するコンピュータには、64ビットのOSが必要です。Windowsの場合は、Windows Vista、Windows 7、もしくはWindows 8です。Intelを搭載したMacの場合は、Mac OS X 10.5以降のOSです。 少なくとも8GB以上のRAMの使用を推奨しています。

32ビット版と64ビット版のLiveを両方インストールできますか?

はい。32ビット版と64ビット版のLiveを1台のコンピュータにインストールすることができます。 複数のバージョンのLiveをインストールする方法については、こちらのページで確認することができます。

64ビット版のLiveは32ビット版プラグインを読み込めますか?

いいえ。64ビットのホストアプリケーションで扱えるのは、64ビット版プラグインのみです。ほとんどの最新プラグインは64ビット版を提供しています。中には、64ビット版のみを提供するプラグインもあります。

ただし、jBridge32 Livesといったサードパーティー製ツールで32ビット版プラグインを変換することができます。 この場合、ツールが64ビットのホストアプリケーションと32ビット版プラグインの間を取り持つ役割として実行されます。 これにより、32ビット版プラグインが64ビットのアプリケーションに互換性が生まれます。

32ビットのホストアプリケーションで使用する32ビット版プラグインや、64ビットのホストアプリケーションで使用する64ビット版プラグイン(変換の不要な64ビット版プラグイン)とは異なり、このようにして変換されたプラグインがホストアプリケーションに依存して実行されることはありません。

32ビット/64ビット変換ツールをAbleton独自に開発していますか?

いいえ。 Ableton独自の32ビット/64ビット変換ツールを実装する予定はありません。

64ビット版のLiveをインストールしたけど、持っているプラグインがまったく表示されません。 なぜですか?

64ビット版のLiveを使用中は、Liveのブラウザーのプラグインフォルダに32ビット版プラグインが表示されません。同じプラグインの64ビット版もインストールする必要があります(32ビット版のLiveを使用中は、64ビット版プラグインが表示されません)。 VSTプラグインカスタムフォルダを使用している場合は、64ビット版プラグインをインストールしたフォルダが選択されていない可能性があります。 プラグインのインストール方法と使用方法については、次のページを確認してください(WindowsMac)。

64ビット版のLiveでReWireを使えますか?

はい。ホストとデバイスのどちらにLiveを設定しても、ReWireは正しく動作します。同期させる別のプログラムとLiveは、いずれも64ビットで動作させる必要があります。

Liveセット、クリップ、デバイスの各プリセットを32ビット版のLiveで作成した場合、64ビット版のLiveで開くことはできますか?

はい。 32ビット版のLiveで作成したプリセットには、バージョン間の完全な互換性があり、64ビット版のLiveでも正しく動作します。64ビット版のLiveで作成したプリセットも、32ビット版のLiveで正しく動作します。 64ビット版のLiveで利用できない機能がLiveセットに含まれている場合は、その機能は次のように制約されるか、無効になります。

  • Max for Liveの機能を含むプリセットをLive 8で使用する場合:64ビット版のLive 8では、Liveのプリセットを読み込んで動作させることができますが、Maxデバイスの動作が無視されているように扱われます。 64ビット版のLive 9は、Max for Liveと完全に対応しています。
  • プラグイン:32ビット版プラグインを使って作成したプリセットは、同じプラグインの64ビット版がインストールされている場合にかぎり、原則的に動作します。

64ビット版のLiveは、32ビット版のLiveよりも良い音/違う音で鳴りますか?

いいえ。 32ビット版と64ビット版では、Liveの内部処理の分解能に違いはありません。