jBridgeMや32 Livesで32ビット版プラグインを変換する方法(Mac)

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 8.4 ~ 9
  • 対象となるOS:Mac OS X

64ビットでLiveを動作させると、32ビット版プラグインはLiveのブラウザーに表示されなくなります。32ビットでLiveを動作させる場合は、64ビット版プラグインがLiveのブラウザーに表示されなくなります。 64ビットでLiveを動作させること、そして、プラグインに64ビット版があるときは32ビット版ではなく64ビット版を利用することを原則的に推奨しています。 32ビット版のみで利用可能な以前のプラグインは、 jBridge(VSTプラグインの場合)や32 Lives(AUプラグインかVSTプラグインの場合)などのサードパーティー製ツールで変換して64ビット版のLiveで使用できます。

以下に、jBridgeと32 Livesでお持ちのプラグインを使う手順をまとめています。 AUプラグインとVSTプラグインの使い方に関する詳細については、こちらのページを確認してください。

jBridgeM

jBridgeMダウンロードしてインストールします。 【注意】jBridgeMはフリーウェアではありません。 デモ版の使用可能期間以降は、購入する必要があります(低価格です)。

プラグインを変換する方法
プラグインを使えるようにするには、プラグインの変換設定を別途行っておく必要があります。 その手順は、jBridgeMの設定方法を紹介するページで詳しく説明されています。

  1. jBridgeMを実行します。
  2. 表示されるウィンドウでは、最初から[Bridge 32bit plugins]にチェックが入っています。このままで基本的に問題ありません。 VSTプラグインが少数しかなく、そのうち変換の必要な32ビット版がどれかわかっている場合は、[Don't scan the directories mentioned above. I want to choose some plugins only]を選んでもかまいません。
  3. 同じウィンドウで、[I'll be using a 64bit VST host]を選びます。
  4. jBridgeMが、ふたつのシステムフォルダ内の全VSTプラグインを解析し始めます。
  5. 解析が終了すると、jBridgeMによってフォルダが作成されます。フォルダには、変換した全VSTプラグインが入っています。フォルダの場所はウィンドウ内の下側に、“/Users/[your_user_name]/Library/Audio/Plug-Ins/VST/PluginsBridgedFor64BitVSTHosts”と表示されます。
  6. このパスをメモして、jBridgeMを終了します。

不要に変換されたVSTプラグインを整理する方法
前述のとおり、自分で特定のVSTプラグインを選んで変換した場合は、この章を読み飛ばして、次の“変換されたVSTプラグインをLiveに認識させる”へ進んでかまいません。

VSTプラグインを32ビット版と64ビット版の両方でお持ちの場合、前述した32ビット版プラグインのスキャンが完了したときに、変換されたVSTプラグインが本来の64ビット版プラグインと一緒に表示されることがあります。 この場合、変換されたVSTプラグインは不要なので、次の手順にそって削除します。

  • VSTプラグインのフォルダ(/Users/[your_user_name]/Library/Audio/Plug-Ins/VST/PluginsBridgedFor64BitVSTHosts)へ移動します。
  • 64ビット版をインストールしているプラグインのファイル(.vst)を自分で削除します。

変換されたVSTプラグインをLiveに認識させる
変換されたVSTプラグインを、Liveのブラウザーの[プラグイン]へ表示させます。

  • Liveを起動して、[環境設定]の[File/Folder]タブを開きます。
  • [プラグインシステムフォルダを使用する]を必ず有効にしてください。 もしくは、[プラグインカスタムフォルダを使用する]を有効にして、カスタムフォルダに“/Users/[your_user_name]/Library/Audio/Plug-Ins/VST/PluginsBridgedFor64BitVSTHosts”を指定します。
  • 指定したフォルダのスキャンが行われ、Live 9では、ブラウザーの[プラグイン]の下層フォルダに変換された全VSTプラグインが表示されます。Live 8.4では、プラグインデバイスブラウザーに表示されます。

アップデート
Liveのアップデートが行われても、変換処理に影響はありません。アップデート後も、jBridgeMの設定を変更する必要はありません。変換されたVSTプラグインは引き続き動作します。 jBridgeMのアップデートでは、旧バージョンに上書きしてインストールを行ってください。

jBridgeMに関する問題のトラブルシューティング
jBridgeを使用中に問題が発生した場合は、一般的なトラブルシューティングのポイントをまとめたこちらのページを確認してください。Mac OS X 10.9以降でjBridgeMを動作させる場合、こちらで説明されている追加の設定が必要になります。

32 Lives

AUプラグインを使う場合、Soundaxisの32 Livesを試すといいでしょう。 【注意】32 Livesはフリーウェアではありません。ライセンスを購入する必要があります。

インストール、オーソライズ、実際のプラグイン変換操作の詳細については、32 Liveの取扱説明書を確認してください。

トラブルシューティング

32ビット版プラグインの変換で問題が発生した場合は、jBridgeM32 Livesのサポート情報を確認してください。