jBridgeで32ビット版を変換する方法(Windows)

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 8.4以降
  • 対象となるOS:Windows

32ビット版プラグインは、64ビット版のLiveのブラウザーに表示されません(64ビット版プラグインは、32ビット版のLiveのブラウザーに表示されません)。

プラグインに64ビット版がある場合は、32ビット版ではなく64ビット版のインストールを推奨しています。 32ビット版のみで利用可能な以前のプラグインは、 jBridgeなどのサードパーティー製ツールで変換して64ビット版のLiveで使用できます。

概要:プラグインと一緒にLiveを使用する方法

VSTプラグインをWindowsで使用する詳しい手順については、こちらのページを確認してください。

32ビット版と64ビット版のプラグインは別々のフォルダにインストールして保管することを推奨しています。すべての32ビット版プラグインをひとつのフォルダに保管して、別のフォルダにすべての64ビット版プラグインを保管してください。

プラグインが32ビットと64ビットの両方に対応している場合は、2種類の異なるdllファイルがインストールされます。通常ではインストール中に、32ビット版と64ビット版をインストールするのに適したフォルダを選ぶように尋ねられます。

Windowsでは、初期設定で指定されている次のシステムフォルダをVSTプラグイン用に使用できます。 初期設定では、ほとんどのプラグインがこのフォルダにインストールされますが、場合によっては、インストーラーで正しい場所を自分で指定しなければならないことがあります。

  • 64ビット版プラグイン:C:\Program Files\Steinberg\Vstplugins\
  • 32ビット版プラグイン(OSが64ビットの場合):C:\Program Files (x86)\Steinberg\Vstplugins\

VSTフォルダのカスタムフォルダを作成することも可能です。 次の例では、Cドライブの最上層ディレクトリに別々のカスタムフォルダを作成しています。

  • C:\VST_plugins_64
  • C:\VST_plugins_32

この例では、64ビット版のLiveの環境設定画面で、VSTプラグインのカスタムフォルダを、“ C:\VST_plugins_64”に指定しています。 カスタムフォルダの指定は、[環境設定]の[File/Folder]タブで行えます。

JBridgeでは、プラグインを使用するホストアプリケーションを管理者権限で実行する必要があります。Liveの場合は次のように行います。

  • “Ableton Live 9.exe”の保管されているフォルダへ移動します。 初期設定で指定されている保管場所は、“C:\ProgramData\Ableton\Live 9 Beta\Program”です。
  • “Ableton Live 9.exe”を右クリックしてコンテクストメニューを開き、 [プロパティ]を選びます。
  • [互換性]タブを開き、“特権レベル”セクションで[管理者としてこのプログラムを実行する]にチェックを入れます。

jBridgeのインストールと準備を行う方法

jBridgeをダウンロードしてインストールします。 jBridgeのツールも管理者として実行する必要があります。 jBridgeを設定に関する詳細な説明については、こちらを確認してください。

【注意】jBridgeはフリーウェアではありません。 デモ版の使用可能期間以降は、購入する必要があります(低価格です)。

プラグインを変換する方法

プラグインを使えるようにするには、プラグインの変換設定を別途行っておく必要があります。 その手順も、jBridgeの設定方法を紹介するページで詳しく説明されています。

  1. jBridgeを実行します。
  2. 最初のウィンドウで、[I’ll be using a x64 (64bit) host]を押します(お使いのLiveが64ビット版であることを必ず確認してください)。
  3. 次のウィンドウに複数のチェックボックスが表示されます。
  4. Create bridging files for 64 bit plug-ins]のチェックを外します。
  5. ファイル作成方法として[Creates necessary files inside a directory I'll specify]を選びます(推奨)。
  6. 変換する32ビット版プラグインの入っているフォルダを選びます。今回の例では、フォルダの場所は“C:\VST_plugins_32”です。
  7. 必要なファイルが作成されるフォルダを指定します。 64ビット版プラグインの入っているフォルダを選んでください。今回の例では、フォルダの場所は“C:\VST_plugins_64”です。
  8. [OK]を押すと、jBridgeが“C:\VST_plugins_32 ”内の全プラグインを解析して、“C:\VST_plugins_64”内に変換用ファイルを作成します。

これで64ビット版のLiveを起動すると、VSTプラグインフォルダの再スキャンが行われ、変換されたVSTプラグインがLiveのブラウザーの[プラグイン]へ表示されるようになります。

不要に変換されたVSTプラグインを整理する方法

VSTプラグインを32ビット版と64ビット版の両方でお持ちの場合、前述した32ビット版プラグインのスキャンが完了したときに、変換されたVSTプラグインが本来の64ビット版プラグインと一緒に表示されることがあります。 この場合、変換されたVSTプラグインは不要なので、次の手順にそって削除します。

  • VSTプラグインのカスタムフォルダ(“C:\VST_plugins_64”)に移動します。
  • 変換されたVSTプラグインは、ファイル名のあとに“.64”と表示されています。フォルダには、同名のテキストファイルも含まれています。
  • 本来の64ビット版プラグインと隣り合って並んでいる、“.64”と表示されたdilファイルとtxtファイルを削除します。

アップデート

Liveのアップデートが行われても、変換処理に影響はありません。アップデート後も、jBridgeの設定を変更する必要はありません。変換されたVSTプラグインは引き続き動作します。

jBridgeのアップデートでは、旧バージョンに上書きしてインストールを行ってください。 それ以外の操作は必要ありません。

64ビット版のLiveの詳細を読む

トラブルシューティング

32ビット版プラグインの変換で問題が発生した場合は、jBridgeのサポート情報を確認してください。