古くなったMIDIドライバが原因でLiveが起動中にフリーズする場合(Mac)

  • 対象となるLiveのバージョン: Live 8.2.5 ~ 10
  • 対象となるOS:Mac OS X 10.7以降

Mac OS Xで発生するもっとも知られたMIDIの問題は、DigidesignのMIDIドライバに起因しています。DigidesignのMIDIドライバは、Mac OS Xの後期のバージョンとは完全な互換性がなく、MIDIドライバを初期化しているあいだにすべてのMIDIアプリケーションをフリーズさせる原因になります。 MacのAudio MIDI設定は影響を受ける例のひとつです。Audio MIDI設定は、"アプリケーション"フォルダ内の"ユーティリティ"フォルダにあります。

問題例

  • Mac OS X 10.7以降のOSでLiveを起動中、Liveが反応しなくなり、起動に5~10分かかる。
  • Liveの[環境設定]の[Link/MIDI]タブに、MIDIポートがまったく表示されない。
  • エラーメッセージ「Company Support Dirが見つかりません。(Company Support Dir not found)」が表示される。
  • Audio MIDI設定がMIDIウィンドウの読み込みに失敗する。

解決方法

  • Pro Tools 10の最新アップデートをインストールします。
  • もしくは、DigidesignのMIDIドライバ"DigiDioMidiDriver.plugin"を次のフォルダから取り除きます(Macintosh HD/Library/Audio/MIDI Drivers/)。
  • Avidへ連絡して、お使いのPro Toolsのハードウェアと互換性のあるMIDIドライバを取得します。

【注意】そのほかの古くなったMIDIドライバが前述の問題の原因になることもあります。 MIDIドライバのフォルダ内にDigidesignのMIDIドライバがない場合は、ほかの疑わしいMIDIドライバの削除を検討してください。

詳細については、Avidのナレッジベースを確認してください。