メモリ不足によるクラッシュの回避方法

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

32ビット版のLiveを使っている場合

メモリ不足によるクラッシュやエラーは、32ビット・バージョンのLiveで作業している場合に発生しやすくなります。32ビット・バージョンでは、最大4GBのRAMまでしか利用できないためです。さらに、OSやその他のシステムコンポーネントの動作にもメモリが必要であるため、通常、実際に使用できるメモリは2~3GBまで少なくなります。

以前のコンピュータでは、32ビット版で扱える最大メモリよりも著しく少ないRAMが使われていました。 多くのメモリを必要とするアプリケーションを使えるように、OSでは、RAMとハードドライブの間でデータを交換する処理が頻繁に行われていました。 メモリの使用量が増えるにしたがい、コンピュータの性能が著しく低下するため、32ビット版の限界に達することはありませんでした。

64ビット版のOSと安価になったRAMが利用しやすくなったことにより、いまでは最新コンピュータに搭載されているRAMは、たいてい、32ビット版で扱える最大メモリよりも多くなっています。 その結果、ハードドライブとのデータ交換が行われないため、32ビット版の限界に達しても、コンピュータが反応しなくなることはありません。 ただし、32ビット・バージョンの限界に達した時点でアプリケーションがクラッシュします。

お使いのコンピュータに4GBのRAMを搭載している場合は、さらに多くのRAMを搭載することを推奨しています(可能な場合)。 Liveセットを最適化することも推奨しています。後述の手順を参照してください。

64ビット版のLiveを使っている場合

Live 10以降は、64ビット版のみを利用できます。Abletonでは、32ビット版ではなく、64ビット版の利用を原則的に推奨しています。 32ビット版のLiveは廃止になったため、32ビットのOSや4GB以下のRAMを搭載しているコンピュータをお使いの場合に限り、32ビット版のLiveを推奨しています。

64ビット版のLiveでは、理論上、最大16EB(エクサバイト)のRAMまで対応できます。これは、一般的なコンピュータに搭載されているRAMよりもはるかに大きい数値です。 32ビット・バージョンと64ビット・バージョンの違いの詳細については、こちらで確認してください。お使いのコンピュータの最大メモリ使用量を超えると、64ビットバージョンのLiveでもメモリ不足によるクラッシュが発生します。

メモリ不足によるクラッシュにLive内で対処するための推奨方法

メモリ消費の原因

  • Liveのデバイスやサードパーティー製プラグインが多くのサンプルを使うと、著しくメモリを消費します。 AbletonのPack“Latin Percussion”は、その典型的な例です。“Ominisphere”や“Kontakt”のようなプラグインも大容量のサンプルライブラリと一緒に使用すると、メモリを著しく消費します。
  • クリップのRAMモードを有効にすると、クリップで参照されているオーディオファイルがメモリへ読み込まれ、ハードドライブからリアルタイムで読み出されなくなります。
  • RAMモードが有効になっていなくても、非常に多くのオーディオクリップを使うと問題の原因になることがあります。
  • オーディオファイルのデータにくわえて、LiveやOSで行われるその他の処理でもメモリが消費されます。

メモリ不足によるクラッシュの原因

  • Liveの動作のために用意されたメモリの使用量をLiveは把握しません。 クリップのRAMモードを有効にして非常に多くのオーディオクリップを使ったり、大容量のサンプルライブラリを使って作業したりすると、すぐにメモリが不足します。
  • Liveで行う操作の処理に必要なメモリがそのときのメモリの使用可能量を超えると、クラッシュが発生します。 そうした操作には次のものが挙げられます。
    • クリップやトラックの編集操作(コピー、カット、複製など)。
    • サンプルを追加する操作。
    • デバイスやプリセットを追加する操作。

LiveセットでRAMの使用を最適化する方法とクラッシュの対処方法

  • メモリを消費する前述のデバイスを含むトラックをフラット化すると、利用できるメモリを増やせます。
    • トラックをフリーズします。
    • フラット化を行い、フリーズで作成されたオーディオファイルと元のクリップが入れ替わったら、デバイスやサンプルをLiveセットから取り除いてください。
  • メモリを消費するデバイスを含むLiveセットの読み込み中にクラッシュが発生した場合、次の手順でLiveセットを復元できます。
    • 空のLiveセットを開きます。
    • クラッシュの発生したLiveセットのファイル(als)をLiveのブラウザーで探します。
    • ファイル名の隣にある三角形のアイコン(▶)をクリックすると、Liveセットに含まれる全トラックが表示されます。
    • トラックをダブルクリックするか、ドラッグして、空のライブセットへインポートします。
    • インポートしたトラックをフリーズし、そのあとにフラット化を行います。
    • 同様の操作をほかのトラックで行います。
  • RAMモードを有効にした、サイズの大きいオーディオクリップを多数含むLiveセットが読み込み中にクラッシュする場合、次の手順でLiveセットを復元できます。
    • 空のLiveセットを開き、クラッシュの発生したLiveセットのファイル(als)をLiveのブラウザーで探します。
    • オーディオクリップを含むトラックをダブルクリックするか、ドラッグして、空のLiveセットへインポートします。
    • クリップビューの“Sample”セクションで、すべてのオーディオクリップのRAMモードを無効にします。
    • 同様の操作をほかのトラックで行います。
    • 新しいLiveセットを保存します。