ディスクのアクセス権が破損しているためLiveが起動しない場合(Mac)

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 1 ~ 10
  • 対象となるOS:Mac OS X 10.10.5まで

アップデートにより、OS Xのディスクのアクセス権が変更され、正しくリセットされていない場合、Liveは適切に起動しなくなることがあります。

この場合、OS Xのディスクのアクセス権を修復する必要があります。

  • Macのディスクユーティリティを開きます。ディスクユーティリティは、"アプリケーション"フォルダ内の"ユーティリティ"フォルダにあります。
  • "Machintosh HD"を選びます。
  • 画面右に、[First Aid]タブが表示されます。
  • [ディスクのアクセス権を修復]を選びます。

追加情報

アクセス権を修復しても問題が解決しない場合、最新バージョンのLive新たにインストールすることを推奨しています。

  • Liveのアプリケーションフォルダを取り除きます。
  • 次のAbletonのフォルダを削除します。

Macintosh HD:/Users/[username]/Library/Preferences/Ableton/
Macintosh HD:/Users/[username]/Library/Application Support/Ableton/

  • 最新バージョンのLiveをダウンロードします。
  • お使いのAbletonのアカウント経由でインストールとオーソライズを行います。
  • これにより、Liveのユーザーライブラリ(User Library)が当初規定された場所に保存されていれば、Liveで検知されるようになります。 検知されない場合は、Liveの[環境設定]の[Library]タブでユーザーライブラリのパスを変更します。

WindowsとMac OS Xの隠しフォルダにアクセスする方法の詳細については、こちらを確認してください。