Liveの最新バージョンでPush 1を使う

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

Push 1は、Live 9、Live 10、およびLive 11の最新バーションと互換性があります。

Push 1とPush 2の最新アップデートについては、すべてLiveのリリースノートで確認することができます。

Live 10とLive 11でのPush 1の対応について

Push 1のサポートは継続しているため、実装可能な新機能をすべて使用することができます。 ただし、技術的な制約により、Push 2専用の新機能はPush 1に対応していません。

Live 9.6でSimplerを使用する

Live 9.6以降、扱いやすくなったレイアウトでSimplerのパラメータがPush 1に表示され、Simplerの機能をすべて操作することができます。

Push 1で利用可能なLive 9の新機能

  • VSTプラグインとAUプラグインを読み込めるようになりました。 Pushを使ってプラグインをホットスワップすると、Pushのブラウザーでプラグインのプリセットを参照できるようになります(AUプラグインのみ)。
  • Pushのブラウザーでサンプルを参照することができます(Simplerに読み込まれます)。
  • Pushのブラウザーから音をプレビュー試聴することができます。

Push 1のプレビューボタン

Push 1のプレビューボタン(白がオフ/青がオン)

  • Drum Rackでパッドの複製が可能になりました。
  • スケールの設定がLiveセットに保存されるようになりました
  • クリップの長さを16分音符までの分解能で調節することができます。
  • 録音中に[Fixed Length]を押すと、指定した長さで録音の最後の部分がループになります。
  • クリップを削除してもステップシーケンサーのクリップセレクターが表示されるバグを修正しました。
  • [Shift]を押さえたまま録音ボタン[◯]を押すと、アレンジメント録音が有効になります。