Pushのフットペダルポート

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 9, 10
  • 対象となるOS:すべて
  • 対象となるPushのバージョン: Live 1および2

Ports.png

Push 1および2には2つのフットペダルコートがあり、1つ目のポートはサステイン用、2つ目はクリップの録音をルーパースタイルでコントロールします。シングルタップでPushの録音ボタンをトリガーします。 ダブルタップは、Pushの「New」ボタンをトリガーします。

Pedal_M_AUDIO_SP_1.jpg

Pushでは「Normal」の極性のフットペダルを使用することをおすすめします。 つまり、(例えばサステインを使用して)ペダルを踏むと音が持続し、話すと持続が停止します。

これは、ペダルを踏むとサステインがオフになる「Reversed」の極性の反対の作用です。

「Reversed」極性のペダルがある場合、多くの場合、ケーブルを差し込むときにペダルを押し続けると、「Normal」極性と「Reversed」極性が切り替わりますが、付属のフットペダルマニュアルで切り替えが出来るのかを確認することをお勧めします。

2つ目のフットペダルのMIDIマッピング

Pushがユーザーモードの場合(およびMIDI設定が適切に構成されている場合)2つ目のフットペダルは自由にMIDIマッピングできます。

詳しくは、こちらの'Momentary' および 'Toggle' MIDI関数の記事を参照ください。