Liveのリセット方法

  • 対象となるLiveのバージョン:すべて
  • 対象となるOS:すべて

Liveをリセットすると次のことが行われます。

  • 保存しているLiveセットのテンプレートは削除されます。
  • Liveの環境設定が削除されるため、オーディオやMIDIのハードウェアをふたたび選択して、入出力の名前を加える必要があります。プラグインのフォルダもふたたび有効にして、VSTプラグインの再スキャンを行う必要があります。その他の設定もふたたび行ってください。
  • 取り消し履歴(Undo)が削除されます。

【注意】上述のテンプレートや設定に関するファイルを別の場所(デスクトップなど)へ移動することを推奨しています。 リセットを行っても問題が解決しない場合は、移動したファイルを元の場所へ戻すことができます。

Live 11

Macの場合

    1. Liveを終了します。
    2. Finderで次の隠しフォルダを開きます。
      Users/[username]/Library/Preferences/Ableton/Live x.x/
      “Live x.x”の部分にはお使いのLiveのバージョン番号を入力します(例:Live 11.0)。
      【注意】Macの隠しフォルダにアクセスする方法については、こちらを確認してください。

    3. ファイル“Preferences.cfg”とフォルダ“Undo”を削除します
      ※Liveを最後に使用したときに作業の取り消しを行わなかった場合、取り消し履歴が存在しないため、上記の場所にフォルダ“Undo”が表示されません。
    4. 次のフォルダに移動し、現在のテンプレートセットを削除します。
      Users/[username]/Music/Ableton/User Library/Templates
      ※Liveでテンプレートセットを設定していない場合、この場所にフォルダ“Templates”は表示されません。
    5. Liveを起動します。

Windowsの場合

    1. Liveを終了します。
    2. Windowsのエクスプローラーで次の隠しフォルダを開きます。
      Users\[username]\AppData\Roaming\Ableton\Live x.x \Preferences\
      “Live x.x”の部分にはお使いのLiveのバージョン番号を入力します(例:Live 11.0)。
      【注意】Windowsの隠しフォルダにアクセスする方法については、こちらを確認してください。

    3. ファイル“Preferences.cfg”とフォルダ“Undo”を削除します。
      ※Liveを最後に使用したときに作業の取り消しを行わなかった場合、取り消し履歴が存在しないため、上記の場所にフォルダ“Undo”が表示されません。
    4. 次のフォルダに移動し、現在のテンプレートセットを削除します。
      Users\[username]\Documents\Ableton\User Library\Templates
      ※Liveでテンプレートセットを設定していない場合、この場所にフォルダ“Templates”は表示されません。
    5. Liveを起動します。

Live 10以前のバージョン

Macの場合

    1. Liveを終了します。
    2. Finderで次の隠しフォルダを開きます。
      Users/[username]/Library/Preferences/Ableton/Live x.x.x/
      “Live x.x.x”の部分にはお使いのLiveのバージョン番号を入力します(例:Live 10.1.30)。
      【注意】Macの隠しフォルダにアクセスする方法については、こちらを確認してください。

    3. Preferences.cfg”ファイル、フォルダ“Undo”(Live 9の場合は“Undo.cfg”と表示されます)、“Template.als”ファイル(存在する場合)を削除します。
      ※Liveを最後に使用したときに作業の取り消しを行わなかった場合、取り消し履歴が存在しないため、上記の場所にフォルダ“Undo”が表示されません。テンプレートセットを設定していない場合、“Templates.als”も表示されません。
    4. Liveを起動します。

Windowsの場合

    1. Liveを終了します。
    2. Windowsのエクスプローラーで次の隠しフォルダを開きます。
      Users\[username]\AppData\Roaming\Ableton\Live x.x.x \Preferences\
      “Live x.x.x”の部分にはお使いのLiveのバージョン番号を入力します(例:Live 10.1.30)。
      【注意】Windowsの隠しフォルダにアクセスする方法については、こちらを確認してください。

    3. Preferences.cfg”ファイル、フォルダ“Undo”(Live 9の場合は“Undo.cfg”と表示されます)、“Template.als”ファイル(存在する場合)を削除します。
      ※Liveを最後に使用したときに作業の取り消しを行わなかった場合、取り消し履歴が存在しないため、上記の場所にフォルダ“Undo”が表示されません。テンプレートセットを設定していない場合、“Templates.als”も表示されません。
    4. Liveを起動します。