自動アップデートが正しく機能しない場合

  • 対象となるLiveのバージョン:Live 8.3 ~ 10
  • 対象となるOS:すべて

Liveは増分バージョンで定期的に更新されます。 [環境設定]で[自動更新]が有効になっている場合は、次回新しいバージョンが利用可能になったときにLiveが更新されます。 そうでない場合は、次の手順に従ってください。

1. 自動更新が有効になっていることを確認する

Liveの[環境設定]のLicenses/Maintenanceタブで自動アップデートを入手が有効になっていることを確認してください。

Screen_Shot_2017-12-05_at_18.00.01.png

2. 有効なインターネットに接続していることを確認する

Liveがコンピュータが有効なインターネットに接続されていて、Liveが起動している間のみ、アップデートできます。

3. 更新がダウンロードされるまで待つ

更新は非常に小さいファイルで、実際のダウンロードは通常2、3分以内です。(だたし、接続速度により異なります。) ダウンロードが完了する前にLiveを終了しても、次回のLiveの起動で再開されることはありません。 代わりに、更新プログラムのフレッシュダウンロードが再開されます。 アクティブモニター(Mac)/リソースモニター(Windows)を開いた場合、ダウンロードのステータスをモニターできます。

4. Liveを再起動します。

Liveの起動時にアップデートのダウンロードが実際にトリガーされます。 Liveの実行中にアップデートがリリースされても、すぐにはダウンロードされません。 アップデートを見つけてダウンロードするためにLiveを再起動します。

5. 自動更新フォルダの権限を確認する

自動更新は特別なフォルダから起動されます。 このフォルダのアクセス許可が読み取り専用、もしくは別のユーザーに割り当てられている場合、自動更新が昨日しなくなる可能性があります。

Mac: ライブアプリケーションを右クリックして、[パッケージの内容を表示] --->_autoupdatesを選択します。 CMD + iを押す。 自身のログインに全ての読み書きの権限が割り当てられていることを確認してください。

Windows: C:\ProgramData\Ableton\Live[versionnumber]\_autoupdates. 右クリックでプロパティ---> セキュリティ選択し、自身のログインに全ての読み書きの権限が割り当てられていることを確認してください。 注意:ProgramDataは隠しフォルダです。

6. 更新しようとしているバージョンを確認する

Live 9.5は大きな変更が加わりました。 そのため、Live 9.0-9.2.3から9.5以降へのアップデートは手動で行う必要があります。 同様に自動アップデートはLive 9とLive 10の間では機能しないのは、無料アップデートではなく有料アップグレードだからです。

7. 更新が増分であることを確認する

更新は増分的にのみ適用されます。 したがって、例えば10.0.1から10.0.6に更新したい場合は、10.0.1から10.0.2、10.0.3へと増分的に更新する必要があります。 この場合、最新バージョンをダウンロードして手動で更新する方が簡単です。

8. インストールパスの確認

WindowsでLiveを実行している場合、デフォルトの場所にインストールされていることを確認してください。自動更新機能が正常に機能するために、Liveが必要とするアクセス権のために必要です。Liveのインストールパスはインストールプロセス中に変更することができますが、特定の権限設定によっては自動アップデートがサポートされない場合もあります。

9. セキュリティアプリケーションを確認する

コンピュータ内にある、ファイアウォールやウイルス対策ツールなどの、ダウンロードしたデータを監視するすべてのアプリケーションを確認してください。 特定の設定によって、Liveのアップデートファイルを認識せずに、予告なしでブロックまたは隔離する場合があります。

10. オペレーティングシステムの互換性を確認する

Live 9.2、OSX 10.5、10.6のリリースと同様に、Windows XPとVista互換性がなくなりました。 Live 9.1.10はこれらのサポートされていないOSの最後の互換性のあるバージョンで、私たちのダウンロードアーカイブからダウンロードすることができます。

11 Windows上のLive 9.7.1

Windowsの場合、まだ9.7.1を利用しているユーザーは、9.7.1の自動更新を妨げつバグがあるため、Live 9の最新バージョンを手動でダウンロードとインストールする必要があります。 最新バージョンのLiveハAbletonユーザーアカウントからダウンロードしてください。

12. 手動で更新する

それでもうまくいかない場合は、Abletonユーザーアカウントから最新バージョンのLiveを手動でインストールしてください。